山口県の奥から、強ーい味方の鹿叔父さんが
予行演習も積んで、餌も積んで、愛情も積んで
宮島に、はせ参じてくださいました。、パチパチパチ!

お陰様で、心安んじてご帰還を待ちました、感謝です。
「言うは易く行いは難し」今のご時世では、偉業です。

早朝8時から給餌していただいたとか?鹿の食行動
にかなっています。本当にありがとうございました。

大雨の中、晴れ晴れとした笑顔で次回の抱負と餌を
バンに積んで月光仮面のように帰って行かれました。

夢のようでほっぺをツネツネ、きゃ痛い!島でも鹿達が
同じことをしているかも?(笑)

鹿の採食行動は一般的に1日3キロ程度が望ましいとか
が宮島では望み難く、週1度せいぜい250キロ届けるのが
精一杯、(すべて支援者様のお陰で満ち足りています)

概算ですが野にある鹿さんの食菜と比較すると、1頭1キロ
は、わずか4日分にしかなりませんが、鹿さんお許しいただき、
食べたものを咀嚼を繰り返し,はんすうして時に芝や藤を
頂いて下さい。
体格も矮小化し、毛並みも悪く、元気もないけど君たちに罪は
ありません、問われるのは君たちを利用している輩です。

宮島の朱の社殿、鳥居、は保護管理が行き届いているのに
観光にしっかり寄与している鹿に対して予算は0円、0円です。

鹿に対する経済効果に対して支払うのが当然,お手やおか
わりまでやって観光客様に愛想をふるまう鹿もいます。
出した糞のお陰で甲虫が豊か、野鳥も豊か、命の循環に貢献
しています。
降り止まぬ雨にめげず、島の仔魂を見せてください、祈っています。

T様無事山口にお帰り頂きくださいますように感謝して祈ります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sikamama.blog9.fc2.com/tb.php/727-edfa81a6