農林すい惨禍のSさんが、事前に我が家を訪れました、
まだ筋肉の痙攣と体がだるいのに・・・

当日は1時間早く会場に行きました,資料の9割近く
を,等々とまくし立てるのはI原氏(今年は3割近くを
Sさんでした、棒読みの最たるものでした。)I原氏と
1時間議論をさせていただきました。彼の頭は数字
と「100頭に淘汰」の為「給餌禁止」が大前提のよう

資料も「推定」に「科学的」な黄な粉をまぶした資料
体格の矮小化、出産年齢の遅延、死亡率、など彼らの
お望みどうり、ココは深く切り込まずスルー
給餌の弊害のみ随所に盛り込だ、すばらしい資料です
宮島の植物の生態系の「危機的絶滅」を煽り、以前は、
(ディアライン)を叫んでいたのに今回その文言は無く
(ディアライン=鹿の背の高さまで菜食され植物がない)
山奥まで入れない米田ですがここ数年樹皮の剥離を見
ることはありません
絶滅すると言われた(藪椿)は山を覆い見事な美しさ、

それに比例してサカキ、しきみをごっそり採取する方を
見受けます。
元来食べない木々をほんのちょこっと食べた写真を掲載して
(鹿の害)を訴えるなど笑止です。フンフンフン鹿の糞同様。
宮島の35種の甲虫に糞は大切、その甲虫を野鳥がいただき
命のサイクル、糞は資源です。桜やもみじに木々に肥料として
発酵させて与えてほしいくらいです。

年に数回のごみ拾いボランティアなど鹿に言わせるとフン!
でしょう、ごみ拾いイベントの翌日、もうごみを見かけます。
鹿のお腹をごみで満たし、早死にさせるより科学的方法
はないのですか?人間の身勝手に振り回すのは止めませ
んか?どこの観光地もゴミ箱撤去をしていますが、ココ宮島では
設置を増やし、回収頻度を上げ、鹿がごみの犠牲になる条件を
減らしてください。

資料をよーく精査して又書かせてください。
「暑い間は給餌を休んだら・・・」おためごかし、欺瞞です。

宜しければポチットしてやってください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sikamama.blog9.fc2.com/tb.php/521-d6903fc4