5月29日日曜日三原から給餌のために来て下さった
肩が「御陵橋の下にお腹を切られた個体がいる」と
宮島観光管理課に保護を求められましたが休日の為
(奈良は24時間対応)「翌月曜に保護する」の回答
然し見つからなかったそうです。
米田もその日から毎日小鹿連れの腹部を切られた個体
探しに島に通っています。

その間管理課のKY氏と実に低次元のやり取りに翻弄
されました。(後日書かせていただきたいです)

そして御陵橋に行きました。
以前から1度乗りたかった人力車に乗りました。風を切り
足も痛まず最高!連日の出動にくたびれた体にご褒美。

mama1


jinnrikisya.jpg


河原には16頭いました。お母さんにくっついている鹿?
うん?母親の首の後ろに穴があいています。
今の季節、雄は生え換わった柔らかい角、あの傷は人間
の仕業としか考えられません。

管理課に報告をしましたが「どうにもできん」の返事。
断腸の思いで帰宅しました。「許さへんぞ!」・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sikamama.blog9.fc2.com/tb.php/52-01532921