九州から、支援者さまで、情報発信者、頼もしい
鹿の味方F氏が駆けつけてくださいました。

毎年ほぼ同じことの発表会「鹿対策協議会」。
「餓死」は無いー当然です。米田が許しません!
個体数が減らない―給餌者のせい。
体格の向上―給餌者のせい(50%はやせている)
繁殖状況―給餌者のせい
餌の誤食―給餌者のせい
幼獣の減少ー不明
市街地の生息個体数の推移―給餌者のせいで向上。
交通事故ー給餌者のせい
仔づれ鹿の指標―給餌者関係ない
繁殖可能個体指標―今に大変なことになる、と脅しです?
繁殖年齢―宮島は他と比べて遅延がある。隔年でしか繁殖しない
芝地の荒廃―猪のせい
芝地の拡張―約束したけどする気はない。
「やらづぶったくりバー」です。

アンケート869件発送340件回答、そのうち51件無回答

「もっと少ないほうがいい」「いないほうがいい」合わせて
216件、共存の道は厳しい道です。避妊去勢、インプラント
このことは全く話題に出ません。

人になれすぎた鹿を市街地から遠ざけるために給餌禁止の徹底を
然し観光資源に役だっていることは認めています。
自然の中で野生動物と触れあう事が出来ている。
文化財と鹿の風景は歴史的な価値がある。
一緒に写真を撮ったりするのは記念になる。
人間のエゴ丸出しです。

毎回この会のリード役のI原氏は「餓死がいい」と会の終了後
豪語しました。
「昔からそうだった!」と、知恵ある方の発言と思えません。

これが本音か?これが本音なのだ!2013年宮島の鹿の
未来はないのです。虚しい、悔しい、腹立たしい。

九州からはせ参じてくださったF様(これが宮島の真実です)
故にこれからもがんばります!
鹿婆ちゃん!。


宜しければポチっとして下さい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sikamama.blog9.fc2.com/tb.php/339-ead96e73