「上なる高き所では栄光が神に、地上では平和が
善意の人々の上にあるように」と約束された降誕祭。
「来る年こそ平和と平安が、世界が一つになれます
ように、悲しい記事を見ないで済む日が来ますように

世紀末といわれた2012年12月21日も何事も
なく・・・しかし12月22日、宮島の浦の裏で、
地元住民と険悪な空気が漂いました。
改めて宮島の鹿の置かれた現実の厳しさに楽天家の
米田も打ちひしがれましたが・・・

「何をしけた顔してんの?これでどや!」とばかり
倉庫もびっくり!冷蔵庫もびっくり、満員御礼です。
鹿が見たら「お母ーさん早く持って来てー!」ハイハイ


日本中から匿名で送ってくださったとのこと、本当
に、ありがとうございました。
皆さまの上に残る2012年、来る2013年が幸
多い日々でありますように感謝して祈らせてください
「鹿好き一同」さま、よいお年をお迎えくださいませ

生きとし生けるものすべてが「生まれてよかった!」
と土に還れますように。


2012年主の降誕祭に想う米田和子拝。



宜しければポチっとしてやってください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sikamama.blog9.fc2.com/tb.php/263-667f94b4