2011.02.21
今夜左の腋にずーっと抱きつずけていた
ミー子が夕飯を作りに降りたその間に
息を引き取りました。まだ腋に感触を
残して・・・温もりもあります。きれ
いな目に涙をいっぱいためたままです

大阪の長女に伝えると「私が13歳の
時もう子猫でも大人でもない大きさ
だったから・・・」はてさて娘は幾つ?
「う~んミー子は27歳じゃないかな?」

猫の歳にも驚きましたがわが娘が・・・
私が歳をとるのも不思議ではありません
感情失禁なのか思い出すと涙が出ます。

命が指の間からこぼれるような儚い
今の時代だからこそ、恋しいのです。span>
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sikamama.blog9.fc2.com/tb.php/20-be5f39aa