外国の方がどっと増えて国際観光都市広島
世界遺産の宮島、の面目躍如です。

福祉センタ―下で遠くから鹿を録っている
外国の方に「プリーズ!シャッターチャンス」
傍に来られるとお二人共体格の良いいこと!
鹿は悠然と写真のモデル、ツィギー並のスリム
なモデルであることが悲しいです。
「宗盛さん」は元気でした。度々食事を届けた
ので、ほかの子より美しく大きくなりました。

011_20120414194615.jpg


包が浦にグラウンドは62頭みんな仲良く桜の
花を食んでいました。車を見つけるとわらわら
と集まりお食事会の始まり「こっちを向いて」
と頼んでも白い尻尾とお尻がハイポーズ!ここ
は、1週間ぶりのご無沙汰御無理ごもっともです。



紅葉谷、御陵橋、清盛神社、大元公園、等はどこも
増員でした。鳥居前ではあの可愛い「ガニちゃん」
がすりすりしてきました。「まー可哀そうな足!」
「でも大事にしてもらってるよ!」そうです。
一生懸命生きる命は神様の恩寵を多く受けても許さ
れるのではないでしょうか?

016_20120414194707.jpg


飛鳥新書(太田康介)の「のこされた動物たち」
同「待ちつづけるどうぶつたち」(福島第一原発20
キロ圏内の記、)大地に消えた多くの御霊が今天国で
自由に飲み、食べ、走り、命を謳歌していることを
切に祈ります。皆様一読ください。


成獣オス97頭、メス165頭、小鹿69頭でした。
彼らのお腹の中はピンク色の桜が敷き詰められている
のです。
「バイバイ」の意味が分かるようになった鹿達は
「バイバイ」というと、ハイさよなら!もう背中を
向けて食べることに集中。また来るね一生懸命生き
ていてください。


よろしければぽちっとしてください


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sikamama.blog9.fc2.com/tb.php/155-226c220c