2012.02.29 悲しい行為。
今日は、三原の鹿ママ4人が宮嶋に渡ってくださいました。
ワゴン車いっぱいご馳走を持っていつものコースを回って
包が浦グランドに行ったとき、宮島の認めたくない「悲し
い行為を受けた鹿に出会いました。」
宮島町は「虐待も餓死もありません」と宣言しています。
然し証拠写真がまた1枚増えました。

針金で口をぐるぐる巻きにされた個体(メス2歳くらい)
と遭遇したのです。
すぐ農林水産課S氏に連絡を取り、そこから観光課へ、
廿日市市と書かれた公用車が、当該鹿の針金を取り除く
べく探してくださいましたが見つかりませんでした。
今回の一連の行動は素早く感謝します。しかし当該鹿は
人間不信となったのか消えてしまいました。

前回も梱包用テープで口を巻くという行為がありました。
口を巻かれた鹿がどうなるか想像がつくと思います。
子供よりも子供っぽい手口ですが残酷そのものです。

島を隅から隅までその後も探してくださった鹿ママたち
空は快晴だったけれど、心の中はどんよりとしたものを
引きずって三原への帰路に着かれたことでしょう。
本当にお疲れ様でした.



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sikamama.blog9.fc2.com/tb.php/135-5b7dce0e