fc2ブログ
サンタさんもびっくりの暖かさ、南極の白熊さんは如何に・・・

熊の出没が騒がれて久しく「どんぐりの不作」でダブルパンチ地球
が壊れているのでしょうか?


長浜、異例の18頭、内、雄鹿2頭、福祉センター下と同数近く
5年12月10日長浜2
長浜、
「遠い町から感謝します!」鹿さん感謝感激
何もお返しができません、お許しください・・・。

5年12月10日長浜
福祉センター下、
「お芋がおいしい!」と、鹿さん涙チョチョギれております。

その福祉センター下は22頭、足先を負傷している個体に遭遇
しかし自然治癒を祈るしかできません、ごめんね。
島には「傷病個体保護施設という給餌なし、治療なしの悪名高き
「保護」施設。
(保護)の意味を知らずに命名したとしか思えません、皮肉です。

全国から頂いた(鹿ご飯)を車に500キロ。処が今日のボランティ
アに参加の女性陣、マジシャンのように餌をプラスワン次々・・・
お目目ぱちくり「今日はなんて日だ~!」歓喜しております。

杉の浦神社、今日はお巡りさんの巡回なし!心がホッとするサンタ
さんみたいな人柄、癒され和むお巡りさん、宮島にこそ必要な方、と
言えます。
5年12月10日杉の浦
杉の浦、わっせ、わっせ!今日は素晴らしいサンデー
1度お腹いっぱい食べたいね~今夜夢みます。


今日は給餌ボランティアに駆けつけて下さった美人姉妹に外国籍の
ハンサムボーイ、で10人、鹿さんもびっくり!心強く「僕たちは一人じ
ゃない!」「宮島の宝」と胸を張れたことでしょう。

波止場にはいつものように樹上からカラスが虎視眈々、婆ちゃんは丁寧
にお掃除、「ごめんあそばせ~」
5年12月10日波止場1
波止場、
鹿に届けたごはんです、カラスさん「ごめんあそばせ~」

海岸線からグランド手前87頭が待っていました、ここでも特別ご飯を頂いて
「僕たち生きてていいんだ」を確信してくれたでしょう。
5年12月10日グランド1
グランド横1,

5年12月10日グランド3
グランド2、

そこで弱った小鹿に出会い、最後の綱とNさんに(救心)の投与をお願いし
ました
嘘か誠か小鹿は復活!人間は安堵に浸ることができました、Ǹさんに感謝!

山中の戦績は時が止まったまま、何を思っているでしょう…戦は空しいと。

山鳥が道案内セグロセキレイ?鷹にトンビ?みんな島の友達、生きる命です。
5年12月10日入浜2
入浜、
水が消えた泉,命が残っていますように。

谷原(やつがはらと読みます)に戻ると、今か今かと鹿がお待ちかね。
5年12月10日やつが原
やつが原、
腹ペコ軍団参上、ボランティアさん大いに面目躍如、存在価値
絶大、「また来てね~」の鹿の声ばっちり!また会えますように。

紅葉谷には夫とⅯさんが給餌に…・大聖院下広場で待機、鹿さん22頭が
車を取り囲み、「早よ頂戴!」と催促しきり、見物の観光客と鹿の声に
ハイハイはい、アルバイトの給餌者と間違われ納得している方も・・・
5年12月10日紅葉谷
紅葉谷。長い秋です。


大元公園で待つこどもたち、牡鹿はたて髪ふさふさ臨戦態勢です。「触らぬ
髪にたたりなし・・・」給餌にいそしみます。この季節をやり過ごすと牡鹿は
何事もなかったかのようにおとなしくなるのです。恋の季節の終息を待つの
です。

網の浦は不思議とどの鹿も穏やか、この差はどこから来るのでしょう。
5年12月10日網の浦2
網之浦1、
落ち葉の音に心ざわざわ~足元から次に季節の足音が…。

5年12月10日網の浦1
網の浦2,
この「平和」いつまでも・・・。

三叉路に急ぐと「待ってました!」道路からあふれそうになるのを制御
掃除に没頭、鹿さんの冷たい視線、へへっ
「1週間のご無沙汰」胸が痛みます。パパのご機嫌次第でまた来れるかも
楽しみにしていてください。


宮嶋が、廿日市の行政が変わることを積年の思いで待ちます、鹿達も
昔のように「島の宝」として「愛」をもって支えてやってください!

草も食に向いた植物も生えないこの島では鹿に「食」を施すのが当たり前では?
長く続いた施肥の心、いつ何処から優しさを置き去りにしたのですか?観光客様
がうなぎ上りに増えたころから「金にならないこと」は目をつむる傾向に陥っていま
せんか?世界遺産とは時に取り消しに会うこともあるとか?

鹿の涙で書かれた嘆願書を添え、ユネスコに訴え、勘案していただく必要を覚え
る今日この頃です。
宮島鹿一同。


スポンサーサイト