fc2ブログ
来る2024年は欺瞞のない、安全平和な年かな?
希望が失望にすぐ変わるのはもうやめてください!
国の上から下まで欺瞞に満ちている国なんて・・・

今日の宮島は来る年の希望と幸甚を祈る善男善女
が続々上陸、年の瀬なんて言葉はもう古い?デート
スポットと化しています。

「鹿に取って、くる年に明るい未来をください!」
観光大使、宮島のアイドル、絵葉書に広報紙
宮島=大鳥居、厳島神社,水族館、優雅な鹿
大活躍なのに・・・「給仕禁止」は15年も続き、
「命いつくしむ島、神住まう宮島」と歌われながら
この国の貧しさに似て欺瞞が横行しています。

市民でさへ草も生えていないこの島で鹿に給餌
は、当然なされているもの!と長年信じ込まされ
ています。「だってあげてたじゃん!」と・・・

嘘は泥棒の初めとか・・・鹿は餌をもらっていません!
2024年こそ観光に寄与する鹿に芝地、芝地の拡大
の約束を遵守してください!
「神の島宮島」標榜するなら、そこに生きる鹿達に愛を
示してやってください!2023年大晦日を迎えるに辺り
「松本太郎」市長に切にお願いします!
宮嶋の鹿をどうぞ生きさせてください!
つぶらな瞳のまなざし、昔観光のため奈良から頂いた
神鹿の末裔達です。大願寺横で一生懸命育てられたのに
今更見捨てるとはひどいじゃありませんか!と鹿が申して
おります!
2024年こそ悔い改め、鹿に給餌をしてやってください!
今年も1400人を超える方から生かされました!これは
1つの奇跡の「物語」ではありません!廿日市の動物愛護
の姿勢を試されています、恥なのです「命いつくしむ廿日市」
2024年こそ!姿勢転換をしてください。
宮島鹿一同。

5年12月30日福祉センター下
福祉センター下、
「しあわせになりたいよ~!」

5年12月30日杉の浦
杉の浦、
小鹿さんの夢はな~に?

5年12月30日波止場
波止場、
牡鹿さん望みは何でいらっしゃいますか?

5年12月30日グランド横1
グランド横1、
人との対話中。

5年12月グランド横2
グランド横2、
鹿さん只今会議中「2024年こそ待遇改善を!」

5年12月30日入浜
入浜、
2024年お経済はどうじゃろか?もうかつとるなら見返りが欲しいの!

5年12月30日長浜
長浜、
長浜にも「夢」はある!確固とした「夢」がありますでぇ。

5年12月30日やつが原
やつが原、(谷原)
朝の祈り「くる年こそ給餌が受けられます様に・・・。

5年12月30日大聖院下トイレ横
大聖院下トイレ横、
みんなできてくれてありがとの!不安でのー見捨てられんか
次も来てくれんさるかと、いつも不安で眠れんのよ~
5年12月30日大元公園

大元公園、
また何も変わらん新時代かの~餌がもらえるアシカになりたいでよ
馬鹿なことを言うちゃ~いけん!夜になったらアシカは故郷恋しくて
自由が欲しくて泣きよるんで…プールの水は涙味じゃそうなで・・・
大元公園で極楽とあきらめんにゃ生きていいかれまぁ~ほうじゃの~

5年12月30日網の浦
網の浦、
毎週来てくれてありがとの、フェリー代も上がったんじゃてね~
松本太郎さんのポケットマネーでまどうてもらいんさい!

5年12月30日三叉路
三叉路、
無念じゃあるが「なんとかなるさ!」みんな生きようのぅ~
(鹿年?辰年?あれは鹿の顔を蛇に貸したんよ~)辰なんか
おりゃ~へん、鹿の間違い、人間はいい加減よ、悲しい愚痴で
〆んにゃいけんのかのー支援者の皆様こらえてつかーさい。

来年の皆様のご健勝とご多幸を祈念申し上げます。
広島宮島鹿一同
来年もごひいきをよろしくお願い申し上げます。






スポンサーサイト



昨日からの粉雪チラチラ、床から冷気しんしん
秋生まれの小鹿,寒かろ?足首冷たかろ?
ママの懐で暖まりたいだろに、自立を促され
辛かろか?北風よ吹くのをやめてください。

今日も給餌者様に平均年齢を下げていただき
爺ちゃん、婆ちゃん大助かり、鹿サンにっこり・・・
10の瞳に守られて北風なんかにゃ負けられない!

全国から送っていただいた,チモシー、お米、コーン、
野菜、どんぐり、ヘイキューブ、
ラビットフード、雑穀、米ぬか、山盛りが体温めて
お腹を満たし、鹿の体でエネルギーに代わります。
野性を少し横に置いて「宮鹿」となります。

いつも鹿の安全を考慮頂、く有難いビスケットを、
できるだけ遠く投げれば、鹿さんはハーイ!と
追いかけ安全地帯となります。優しさ抱いて元気
100倍、待っていた1週間。
5年12月24日長浜2
長浜、

福祉センター下で鹿が車と激突、車は知らんぷり、走り去りました。もし
人間だったら・・・
激突音が耳に残ります。骨に異常がないことを祈る
しかできません・・・
確かに「傷病個体保護施設」と名付けられた施設は
ありますが、そこに治療も給餌もありません。
5年12月24日福祉センター下
福祉センター下、


杉の浦神社31頭、波止場少ない14頭、カラスがカ~
グランド102頭、掃除のし甲斐があります。
5年12月24日杉の浦
杉の浦神社、

5年12月24日波止場1
波止場1、

5年12月24日波止場2
波止場2、



5年12月24日グランド横2
グランド横2、


山中に入るも鹿には6頭しか会えず、目を皿にして進みます。

入浜の池は無残に干上がり、そこにあった命はどこへ
消えたのでしょう・・・。
鹿は22頭と増えていました「生きてください、今日は
クリスマスイブ、大目にご飯を置いて行きます」と・・・
5年12月24日入浜
入浜、

帰り道で12頭に出会いました。
谷原(やつがはら)13頭、直違橋の下には6頭が待ち
くたびれていました。
5年12月24日やつが原
やつが原、


紅葉谷は13頭、トイレ横20頭の大盛況、カラスもカ~
5年12月24日紅葉谷
紅葉谷、

5年12月24日大聖院下トイレ横
大書院下トイレ横、

大元公園24頭、山にカラスの声が響きます。
5年12月24日大元公園
大元公園、


網の浦、枯葉の山をかき分け餌場の確保、少ない11頭。
5年12月24日網の浦
網の浦、

5年12月24日直違橋下
直違橋下、


途中で会うこともなく三叉路にお出まし24頭!愛しい命達
次回今年最後は土曜日になります、悪しからず、連れ合って
ご参加ください。車にくれぐれも注意してください、ここは奈良
と違い、「保障」なし!
5年12月24日三叉路
三叉路、


年の瀬、どの子もご参集下さい、支援者の皆様には年の瀬に
かかわらず深い愛情とご親切、頭が下がります。
ご厚情に皆様の平和と安寧を祈らせてください感謝します。


昨夜半、胸がきゅっとしまる感覚に「救心」を服用。
夜明けを待ちました。そんなこんなで休業。

急な寒さに震えているのは今年生まれた小鹿
ママ鹿の胸に抱かれていますか?

米田は写真を見てニヤニヤ~鹿さんが「婆ち
ゃん無くとも小鹿は育つ」若い方からご飯を頂き
鼻の下を伸ばしてる、美味しいと笑ってる。
5年12月17日大元公園
大元公園、


「粉雪チラチラの中すいませんね~」どの子も
わちゃわちゃ、感謝感激鹿まみれ、初めての給餌
怖くなかったでしょうか?

うちの鹿は自慢の子供たちばかりです、とは言え
繁殖期は過ぎたけど、年中やんちゃな子もいます。

1週間のご無沙汰、ハグハグハグうっまーい!と
心せくのでしょう。

三叉路ではボランティアさんの多さに鹿さん感動!
「ひとりじゃないてすてきなこと~」歌っています。
(味わいいながら、噛みしめながら・・・しあわせ!)
5年12月17日三叉路
三叉路、

5年12月17日大書院下トイレ横
大書院下トイレ横、

きゃー嬉しい!と叫びながら寒さに負けず駆け回り
ます。

大元は、網の浦は枯葉の中に埋もれ鹿の世界。
5年12月17日網の浦2
網之浦1、

5年12月17日網の浦
網之浦2、

5年12月17日長浜
長浜、


多くの支援者様に見守られ、毎週500キロ与えられ
「生きて行く勇気凛々」粉雪ハラハラ~を部屋から
眺め、猫にまみれ帰宅を待ちます。
5年12月17日杉野浦
杉の浦、

5年12月17日波止場
波止場、

5年12月17日グランド横
グランド横、

5年12月17日入浜
入浜、


宮嶋の鹿は、今日も明日も頭数は減りながらも、
夢を食べる(獏)のように生きてます。
5年12月17日紅葉谷
紅葉谷、


いい子だね~褒めてやってください、15年もご飯を
もらえず、反乱も起こさず、忍耐の限り。

観光客様は「鹿は幸せなもの」と納得?嘘とは言い
いませんが、この国に似て欺瞞も一杯あります。

鹿の笑顔に癒され、それで島通いしてしまうのです。

残る2023年、来る2024年こそ!と思いながらも
支援者様にご迷惑をかけると思うと胸痛みます。

宮嶋が鹿の存在価値に気づき、以前のように給餌
をしてやってください、来る年こそ!来る年こそ!

雪よこんこん・・・悲しみよこんこん。さようなら・・・


サンタさんもびっくりの暖かさ、南極の白熊さんは如何に・・・

熊の出没が騒がれて久しく「どんぐりの不作」でダブルパンチ地球
が壊れているのでしょうか?


長浜、異例の18頭、内、雄鹿2頭、福祉センター下と同数近く
5年12月10日長浜2
長浜、
「遠い町から感謝します!」鹿さん感謝感激
何もお返しができません、お許しください・・・。

5年12月10日長浜
福祉センター下、
「お芋がおいしい!」と、鹿さん涙チョチョギれております。

その福祉センター下は22頭、足先を負傷している個体に遭遇
しかし自然治癒を祈るしかできません、ごめんね。
島には「傷病個体保護施設という給餌なし、治療なしの悪名高き
「保護」施設。
(保護)の意味を知らずに命名したとしか思えません、皮肉です。

全国から頂いた(鹿ご飯)を車に500キロ。処が今日のボランティ
アに参加の女性陣、マジシャンのように餌をプラスワン次々・・・
お目目ぱちくり「今日はなんて日だ~!」歓喜しております。

杉の浦神社、今日はお巡りさんの巡回なし!心がホッとするサンタ
さんみたいな人柄、癒され和むお巡りさん、宮島にこそ必要な方、と
言えます。
5年12月10日杉の浦
杉の浦、わっせ、わっせ!今日は素晴らしいサンデー
1度お腹いっぱい食べたいね~今夜夢みます。


今日は給餌ボランティアに駆けつけて下さった美人姉妹に外国籍の
ハンサムボーイ、で10人、鹿さんもびっくり!心強く「僕たちは一人じ
ゃない!」「宮島の宝」と胸を張れたことでしょう。

波止場にはいつものように樹上からカラスが虎視眈々、婆ちゃんは丁寧
にお掃除、「ごめんあそばせ~」
5年12月10日波止場1
波止場、
鹿に届けたごはんです、カラスさん「ごめんあそばせ~」

海岸線からグランド手前87頭が待っていました、ここでも特別ご飯を頂いて
「僕たち生きてていいんだ」を確信してくれたでしょう。
5年12月10日グランド1
グランド横1,

5年12月10日グランド3
グランド2、

そこで弱った小鹿に出会い、最後の綱とNさんに(救心)の投与をお願いし
ました
嘘か誠か小鹿は復活!人間は安堵に浸ることができました、Ǹさんに感謝!

山中の戦績は時が止まったまま、何を思っているでしょう…戦は空しいと。

山鳥が道案内セグロセキレイ?鷹にトンビ?みんな島の友達、生きる命です。
5年12月10日入浜2
入浜、
水が消えた泉,命が残っていますように。

谷原(やつがはらと読みます)に戻ると、今か今かと鹿がお待ちかね。
5年12月10日やつが原
やつが原、
腹ペコ軍団参上、ボランティアさん大いに面目躍如、存在価値
絶大、「また来てね~」の鹿の声ばっちり!また会えますように。

紅葉谷には夫とⅯさんが給餌に…・大聖院下広場で待機、鹿さん22頭が
車を取り囲み、「早よ頂戴!」と催促しきり、見物の観光客と鹿の声に
ハイハイはい、アルバイトの給餌者と間違われ納得している方も・・・
5年12月10日紅葉谷
紅葉谷。長い秋です。


大元公園で待つこどもたち、牡鹿はたて髪ふさふさ臨戦態勢です。「触らぬ
髪にたたりなし・・・」給餌にいそしみます。この季節をやり過ごすと牡鹿は
何事もなかったかのようにおとなしくなるのです。恋の季節の終息を待つの
です。

網の浦は不思議とどの鹿も穏やか、この差はどこから来るのでしょう。
5年12月10日網の浦2
網之浦1、
落ち葉の音に心ざわざわ~足元から次に季節の足音が…。

5年12月10日網の浦1
網の浦2,
この「平和」いつまでも・・・。

三叉路に急ぐと「待ってました!」道路からあふれそうになるのを制御
掃除に没頭、鹿さんの冷たい視線、へへっ
「1週間のご無沙汰」胸が痛みます。パパのご機嫌次第でまた来れるかも
楽しみにしていてください。


宮嶋が、廿日市の行政が変わることを積年の思いで待ちます、鹿達も
昔のように「島の宝」として「愛」をもって支えてやってください!

草も食に向いた植物も生えないこの島では鹿に「食」を施すのが当たり前では?
長く続いた施肥の心、いつ何処から優しさを置き去りにしたのですか?観光客様
がうなぎ上りに増えたころから「金にならないこと」は目をつむる傾向に陥っていま
せんか?世界遺産とは時に取り消しに会うこともあるとか?

鹿の涙で書かれた嘆願書を添え、ユネスコに訴え、勘案していただく必要を覚え
る今日この頃です。
宮島鹿一同。


桟橋前でご夫婦と合流、やさしそうな方です。
(鹿の給餌に参加してくださる方はみんな優しい方
餌を持てるだけ持って,やさしいさを胸に抱いて…

ワクワクに瞳を輝かせ、何も案じることなく友達。
一期一会に唯々感謝します。

鹿は常に空腹なので何かをいただけたら幸せ!と
落ち着きなく足音を立てて待っています。伝染した
米田も罹患して、落ち着きのない子供に戻ります。

長浜14頭、うちオスが2頭、小鹿が2頭、以前此処
は牝鹿と小鹿の「安心安全鹿の楽園」でした。

5年12月3日長浜長浜、うっまーい「おいちぃでしゅ」。
生きるのに不可欠なイネ科の植物も、草も生えて
いないでしょ!と申しております。給仕禁止を、禁止
にしてください!でちゅ・・・

長浜14頭「今日は日曜日!」とルンルンで待っています。
小鹿がシャイです、でもお腹ペコペコ「いただきまーす!」

福祉センター下広場、少し控えめの31頭、お手伝い頂いた
お二人の目が小鹿に温かいまなざし、うれしいです!
5年12月3日福祉センター下
福祉センター下
生きている命はすべからく「食べます」生きるためです。
鹿が生きることは「罪」ですか?16年前に時を戻して、
あの頃の命尊ぶ宮島に返りませんか?それとも遊郭
を抱えていた「宮島」ですか?

杉の浦神社優しいまなざしのお巡りさんから優しいご進注。
はーい!鹿のためな~ら、えんやコーラ!どっこいしょ!
5年12月3日杉の浦
杉の浦にて・・・20キロのティモシーもコロコロ~

波止場はカラスの高みの見物、39羽が息をひそめて木の上。
鹿さんは38頭、小鹿(少し大きい…)が4頭わちゃわちゃ・・・
5年12月3日波止場
波止場にて・・・「ありがとう!」アイコンタクトを交わします。


海岸沿いカップルが4組、グランド86頭、餌のやりがい100%

山中に入ると数頭、入浜では麻酔の針が刺さった鹿が…
人間不信全開、針を抜かしてくれません、ごめんなさい。
5年12月3日山中
16頭が遠巻き、みんな心痛めているんだね・・・
(ちなみに家には抜いた針が4本あります、わが身を戒め、懺悔
の記念に取ってあります)

5年12月3日入浜
入浜、ここには人慣れした個体が遺棄されています。
何も食べ物がない所、会っても乏しくて辛うじて
生きているだけ、犯罪に近いです(犬や猫なら…)鹿はいいの?
長老の鹿の角が最高に素敵!ほれぼれ・・・

戻って谷原(やつがはら)21頭、直違橋(すじかいばし)の下には
牡鹿が4頭(婚活にあぶれたのかな?男はつらいよ鹿次郎)
5年12月3日やつが原
やつが原、
「よっ!待ってました」長いよ~人間なら暴動が起きますぜぇ

紅葉谷8頭、大聖院下トイレ横広場14頭。全身で喜びを表す姿に
ほっこり、まさかこんなに愛らしい鹿に16年給餌禁止と誰が思い
いたるでしょう・・・
国籍が違っても「まさか」疑心暗鬼「この島のアイドル」
的存在、」恥ずかしい限りです。

5年12月3日大書院下トイレ横
大聖院下トイレ横、ふーっもっと来てつかーさい
人間なら死にますでぇ~むごいことですでぃ~


大元公園奥32頭、いつもの心暖かい奥様とお友達に遭遇、
安堵と感激、またお会いしてください、!友達にしてください。
5年12月3日大元公園
大元公園、紅葉が1段と進んでいます。
ここは足を運ぶ値打ちあり、です!


網の浦8頭がハグハグ、枯葉の海に沈まぬように、大目に給餌
風が枯葉を吹き飛ばしたら、下からラビットフードがこんにちわ!
鹿が目を細めて笑ってくれるでしょう・・・。
5年12月3日網の浦
網之浦、落ち葉の海です。

5年12月3日三叉路
三叉路、牡鹿が3頭、いさかいもなく仲良くお食事
仲良きことは麗しきかな。


お待たせしました!給仕禁止は禁止!てことに、ならないかな?
鹿に怒られるかな?今夜月に祈りを捧げましょう・・・ 
世界中から争いを消す祈りも…「神」を信じていたあの頃が間違い
ではなかったと思いたいから・・・