FC2ブログ
9年前の想像を絶する体験談に、悲しみと怒りが沸き,
あの日「神様、この惨状を止めてください!と叫んだら
おとなしい娘が「神様なんかいないのよ!」と諭されました。

多くの祈りと涙は届かなかったのでしょうか?その後の台風、
川の氾濫,世界中で災厄は続き,地は捨て置かれているよう
「神を恨んではいけません、災難はいつ、何処にも,だれにもやっ
てくるのですから・・・」子供の時伊勢湾台風を経験した時の神父
様の言葉「艱難は人強め、忍耐力を与えてくださいます」と・・・

、給餌禁止も12年を過ぎました。観光に寄与し、何ももらえなくても
けなげに観光大使を務める宮島の鹿は「神からの贈り物」です。
粗末にして言い訳がありません、宮島の観光に携わる人が率先して
鹿を大切にしてください。

今日の平和が、明日も続く保証はありません。全てに感謝し、平安と
安寧を、ただ祈るだけ、これから倉庫で週末の鹿さんのご飯の準備
をします。

届けていただいた貴重なたティモシーを集めて粗末にする人よ、貴方の命
が粗末な目に遭いませんように。
今週も住所不明、氏名も不明の愛の詰まった餌の数々に感謝します。
感謝して筆をおかせていただきます。
スポンサーサイト