FC2ブログ
、テレビ「志村どうぶつえん」が好きだった。
是非もあろうが、無批判に好きだった。
厳しい人生を生きてきた動物が「愛」と出会い
心身ともに生まれ変わり、新しい家族のもとへ
怯えたしっぽが耳が背中が、生き生きと疾走
する姿に感動し、宮島を何度重ね合わせただろう。

虐げられた人が「生きていいんだよ!」と溢れる
愛情に再生されてゆく姿に似て、感動を覚えた。

全て志村氏の「企画」だったとは思わぬが、志村氏の
人柄は動物に見抜かれ、傷付いた心身を志村氏とそ
のスタッフの胸に飛込み、甘え信ずることで幸せを掴
んだのでは・・・(返却された子もいたかもしれないが)

笑いより愛することを多く教えて下さった、命の尊さを、

その志村氏があっけなく消えた…あの穏やかな笑顔を
、残して・・・

恵まれない命に囲まれ、引き続き「笑顔」を与えてください

今はただご冥福をお祈り申し上げます。
いつかお会いできますように。
スポンサーサイト



観光客様の激減に不安しかありません。
雨で海はどんよりと濁っています。
日本の現状に似ています。
1日も早くコロナの退散も願います。

「給餌禁止」は続き、春が来たのに市街地、町屋、
グランド、山も草は皆無、1週間をどんな気持ちで
待っていたでしょう、襤褸のような小鹿が目に浮び
暗澹とした心で上陸、愛するみやじまの鹿来たよー
家では急遽体調を崩したジジが入院、案じられます。


長浜女史連と小鹿11頭痩せのコンテストのようです。
長浜3-29
1週間が長かったです、ふ~(鹿)

福祉センター下、次々現れ44頭、久しぶりの40頭超。
福祉センター下3-29-1
早く芝が伸びますように・・・毎日祈っています(鹿)

福祉センター下3-29-2
ダイエット中じゃないよ、天然痩せ、トホホ・・・

杉之浦神社でも待ちかねた顔、はい、はい、はいの34頭!
食べて元気を取り戻してください。
杉之浦神社3-29
は~るよ来い!ごはんもってこい!芝植えて!12年前約束したじゃん

波止場、あいかわらずいカラスが虎視眈々と樹上から給餌
を見守?っています。車が方向転換するとさ~っと舞い降り
「ごくろうさん」カーカーとわめき、車の中ではため息がふーっ
波止場3-29
キャベツだぞ!キャベツだぞ~キャベツだキャベツだよー

グランドの入り口では、塊になって、ワイのワイの早く~!
柳の新芽が萌黄色に風に揺れ、90頭が嬉しそうです。
グランド3-29
ティモシーのおから掛けで元気百倍になれ~米ぬかです。

山中で出会った5頭、入浜では14頭の豊作?しっかり
食べてください。晴れてよかったね!
山中3-29
木々の奥から家族の熱いまなざしが…見えてますよ~

入浜3-29
入り浜の雄鹿は角が健在、取り上げないでね。

三差路、消火栓8頭、谷原公園16頭、観光客様が近ごろ
少しづつ増え、鹿を見て鈴なり、ありがたや、ありがたや~
やつがはら3-29
Ⅿさんいつもありがとう!助かった~

筋交い橋、3-29-1
僕たちを見て!また来てくださいね(鹿)

筋交い橋、3-29-2
朱の大鳥居が見られなかったけど、鹿が見れてよかった。(観光客様の声)

筋交い橋、紅葉谷公園、何処も「限界だよ~」走ってきます。
この2日間、雨を上手くかわしてくれたのでしょう?低体温
にならないよう、森に入って雨除けしてくれたかな?
紅葉谷公園、3-29-1
紅葉もいいけど、紅葉は食べられないのが残念。桜のほうがいい(鹿)

紅葉谷公園、3-29-2
紅葉谷、今日は桜谷。

トイレ横16頭、何処でも鹿はアイドル並みです。
トイレ横3-29
みんな元気にお過ごしくださーい、念力を送ります(鹿)

何処も桜が満開、花弁が散ると鹿のおなかの中をピンクに
染めてくれます。でも今は咲いててくださいね。
大元公園3-29
散ったら食べよう、桜餅。もとへ、櫻花。

早くコロナ旋風が過ぎますように、皆様のご健勝を心から
祈らせてくださいませ。
「たくさんのごはんありがとありました」(鹿一同)


ボランティアのⅯさんが自宅に到着次第で出発進行!
まだ嶋中草木もないいま、空腹で泣き叫びたいでしょう。

人間に飛び蹴り、小鹿を育児放棄、川原で命果てた鹿、
手荷物の強奪、ごみ箱からごみを曳出して食べる、そんな
日々だった12年前を思い出すといたたまれません。
日曜の朝は、お寝坊の米田が早朝から「よっしゃ~!」

コーヒーも紅茶もお酒も、ギャンブルも趣味もなく、全く
面白くない人間の見本、お墓参りが唯一の慰安、娯楽。

亡き母が毎月15日に大聖院に登っていたのは遺伝?
材木商だった曽祖父の時代からの習わしだったようです。
祖父も薬屋さん、大聖院は商売人の守護なのかしら?

長浜は14頭、雄鹿が居候に戻っていました、居心地が
いいのかな?パトカーが来訪、すぐ消えてゆかれました
ご苦労様です。
長浜3-22
あ~助かった、いただきまーす!

福祉センター下21頭、杉之浦神社に珍しくカラスが集合
ここは波止場じゃないのよ、間違いではありませんか?
福祉センター下3-22-1
バーゲン会場じゃありません、1週間に1度の「ご飯の日」大切な日なのです

福祉センター下3-22-2
また来てね、また来てねと送られて・・・

杉之浦3-22
薄着で何とか無事春を迎えた奇跡の子です。

波止場49頭、痩せた小鹿が痛々しい、太ったカラスが鹿の背中
の毛を抜いてカラスの巣作りに…これってリサイクル?

波止場3-22
車の中からパシャリ、横着ですね,神鹿に失礼しました。

グランドの周辺の鹿さんも誘導してグランドへ108頭,すごい
グランド3-22-1
芝の芽の生育が遅いと思うのは鹿と米田だけかな?
(は~るよ来い、は~やく来い)施肥はしっかりできているのかな?

グランド3-22-2
さ、寒いで~す(ご飯を多めに食べてもらいました)
今日は不思議なことに山中は0頭でした。

入浜も9頭、待ちましたが9頭のみ、あきらめて帰ります。
入浜3-22
9頭の安心しきった顔がご褒美です。

消火栓三差路9頭、谷原(やつがはら)10頭、直違橋下10頭
三差路3-22
嬉しい食事会、ルンルン。

やつがはら3-22
少し多すぎたな・か・ま。

筋交い橋3-22
観光客様が破顔「よかったね~」と声をかけてくださいました。

何処もかも少ない観光客様、わずかに先週より増えています。

紅葉谷21頭、観光客様に可愛い小鹿を見てほしいです。
紅葉谷3-22
「ここも芝生にしてもらえたら、自立できるのに…鹿より。

トイレ横11頭、大元公園41頭、春を無事迎えたことに感謝!
トイレ横3-22
ここは階段がないから、高齢者にピッタリ、また来てね。

大元公園3-22
花見の自粛でおすそ分けが減るのでは?1番の心配です。

網之浦7頭、ここのオスは過密状態、気が荒いです(ご注意を!)
網之浦3-22
給餌の自粛なんてないないよね?ハイ!ないです!

桟橋周辺は全く鹿を見なくなりました、鹿のお出迎こそ大事な
「思い出」づくりの1歩目、謎の低周波のお蔭?鹿はもういません。
これでいいのか?「鹿に活躍の場を!」宮島らしさの要素の1つ
であることをお忘れなく、給餌禁止13年記念の5月が近づき心
穏やかでいられないのです。

多くの支援者様の餌を前に感謝と安ど、元気と勇気、鼓舞されてます。

本物の春を!宮島の歴史の1部でもある鹿の保護にシフトを切って
いただけたら、疫病も跳ね返せるパワーを鹿が送ります、贈ります。




瀬戸の海にしては目づらしく、波が立っています。
風にあおられた白波を「ウサギが走る」と言います。
鹿さんのしっぽも白旗のようで、愛らしいです。

長浜12頭、小鹿がすくすく、痩せていますがすくすく、
すべて良しとしましょう。とにかく生きてください。
長浜3-15
新鮮野菜で毛並みを修復して下さい。

福祉センター下25頭、まるで掃き清めたように何1つ
残っていません。よーく食べたのね・・・
福祉センター下3-15
お腹がすいて死にそうです。嶋中緑で食べ物はある?
食べたら死んじゃうものばかり、いい加減なことを拡散
しないでください。

杉之浦神社34頭、掃除のときはサッと、どいてくれます。
杉之浦3-15
ごっあんデス、春場所中が毎日続いています,つらいっす!
宮島も無観客寂しいね、早くコロナが過ぎますように。

波止場では相変わらずカラスも「待ってました!」大切な
鹿さんのご飯です、貴方たちは牡蠣の貝柱がお好みでしょ?
波止場3-15
地獄で仏、ここは宮島、宮島で仏かな?
支援者様ありがとう!(鹿一同)

グランド89頭と少し少ないので、山中で待っているのでしょう
対経済効果を考えてのことでしょう。
痩せた個体に「祈りを込めて」支援者様のご飯を届けます。

グランド3-15-1
バーチャン足元気を付けてというように道をあけてくれます。
ティモーのおからかけ、大事にみんなでいただきまーす!

グランド3-15-2
で待ち成功!(グランドのはずれで・・・)

グランド3-15-3
いつかグランド1面が本物の緑になりますように。
芝生拡大、施肥をしてください「撒かぬ種は出ず」とも言います
鹿の経済貢献をお金にしてみてください、農林水産課さん!

案の定山中で12組の群れに会いました。山の子はひかえめ。
山中3-15
ありがとうございました!(鹿代表!)


入浜で19頭、大きくな~れ!しっかり食べてください、と・・・
入浜3-18
今日は寒い中すいません風邪をひかないでください(君たちも・・・)


消火栓、三差路24頭、谷原(やつがはら)14頭。少し少ないけれど
紅葉谷で待っているのでしょう、た、ぶ、ん。

13-15三差路
車の往来に気を付けてね、また来るまで元気で!

やつがはら3-15
おなかと背中がくっつく寸前(笑)とにかくうれしいです!

筋交い橋1頭、紅葉谷公園、何処も観光客様が少なく寂しいです。
紅葉谷オー36頭!ここで自宅に残した4匹の猫の動向が心配。
紅葉谷3-15
鹿観光大使のお尻でーす!ラブリ~

やんちゃな黒猫ジジの精神安定のフェロモン剤をネットで10個入手
100グラムの小さな子猫ちゃん、今や9,4キロ巨大猫、年寄の3文
安と言われながらも、大阪から遊びに来ている長女を凋落、メロメロ
もう体重計に乗せるのが怖いです。獣医さんからは「筋肉」です!
保証付き、だれか番犬代わりに如何ですか~?
ジジ3-16-2
このりりしい顔、ふてぶてしい態度が超可愛いのです!

トイレ横7頭、大元公園34頭、今か今かという顔と足先が語ります。
トイレ横3-15
「しっかり食べんさいよ」(Ⅿより)

大元公園3-15
鹿保育園。

網之浦6頭、プラタナスの実が、嶋中の馬酔木が、椿が,、つつじが
食べられたら、可愛い花、美しい花は毒があります。人の世も・・・
網之浦3-15
鹿大人保育園がほしい!

大好きな桜、藤の花、芝生に施肥をしてやってください、自立して生きて
行くためにも葛が生えるといいのに、竹や笹が生えるといいのに・・・
トンネル3-15
よかった助かった…オーバーじゃなく、そうなんです!
鹿バーチャン僕たちのパワーで元気でいてね。また来てね

今日の海のようなさざ波の心、みんな元気でいてね、許しを請い
ながら島を後にしました。




9年前の想像を絶する体験談に、悲しみと怒りが沸き,
あの日「神様、この惨状を止めてください!と叫んだら
おとなしい娘が「神様なんかいないのよ!」と諭されました。

多くの祈りと涙は届かなかったのでしょうか?その後の台風、
川の氾濫,世界中で災厄は続き,地は捨て置かれているよう
「神を恨んではいけません、災難はいつ、何処にも,だれにもやっ
てくるのですから・・・」子供の時伊勢湾台風を経験した時の神父
様の言葉「艱難は人強め、忍耐力を与えてくださいます」と・・・

、給餌禁止も12年を過ぎました。観光に寄与し、何ももらえなくても
けなげに観光大使を務める宮島の鹿は「神からの贈り物」です。
粗末にして言い訳がありません、宮島の観光に携わる人が率先して
鹿を大切にしてください。

今日の平和が、明日も続く保証はありません。全てに感謝し、平安と
安寧を、ただ祈るだけ、これから倉庫で週末の鹿さんのご飯の準備
をします。

届けていただいた貴重なたティモシーを集めて粗末にする人よ、貴方の命
が粗末な目に遭いませんように。
今週も住所不明、氏名も不明の愛の詰まった餌の数々に感謝します。
感謝して筆をおかせていただきます。
桜の咲くころには「コロナ騒動」が収束していますように。

強風に長い雨、小鹿を案じておりましたが、どこでも元気
ハツラツ00000Ⅾ!

長浜14頭、早朝から待っていましたと言わぬばかりです。
谷原(やつがはら)21頭、内小鹿が6頭、雌鹿12頭です。
長浜3-8
Ⅿさん、待ってました!早く早くくださ~い!

やつがはら3-8
あっ、ありがとあります(広島弁)

ココは、ロウプウエーチケット売り場、
行列通り、今日はまばら、寂しいです。


紅葉谷公園少ない14頭、雨で山に入っているのかな?
紅葉谷3-8
Ⅿ-「しっかり食べて大きいうなれよ・・・

いいえトイレの入り口に移動していたようです、ここで19頭。
トイレ横3-8
支援者様、ありがとう!うれしいです!

大元公園30頭先週の残りの草1つありません、空腹をかかえ
1週間をどんな思いで1日1日をやり過ごしたのでしょう?
大元公園3-8
初桜、を見上げて1句、「さくらさん、ハラハラ散って、僕の口」、鹿男。

網の浦さみしい4頭,ここは生きることがきびしいのか猛々しいです。
網之浦3-8
「新型コロナって何なん?」「どうして人がおらんの?」・・・

筋交い橋下ワイのワイの17頭、2頭橋の上で待っていましたが、
筋交い橋3-8
「ここは観光スポットなんだ!」でも「貰い「」が少なくなりました。

「降りて」という前にさっさと降りました、賢いです。12年の成果?
ヤンチャな「小松」の姿がありません、たまたまでありますように。

消火栓、三差路13頭、3頭の小鹿が順調に育っているのを確認。
さっさと掃除を済ませて次に急ぎます。
三差路3-8
観光客の皆様‼ここは神の島,今がチャンス!給餌のチャンス!
鹿と一杯触れあえると思います、たぶん神様の後利益も・・・
た、ぶ、ん・・・

福祉センター下、さわやかな風?少し冷たいけど、おひさまに感謝。
福祉センター3-8
宮島は閑古鳥、ここは大盛況。辛いです。

杉之浦神社38頭、トラックの優しいお兄ちゃん、ありがとう!
箒の目がきれいに出る掃除のし甲斐がある場所、大好きです。
杉之浦3-8
うれしい!、口元が緩みます、うふふ・・・明日がつらいかも・・・

波止場に急ぐとカラスもジーッ、ゆっくりと給餌とお掃除、意地悪婆さん
をしていると遂に鳴きはじめ,あほーかぁーかぁ~はいはいはい・・・
波止場3-8-1
次へ行きまーす、カラスさんお手柔らかに。

波止場3-8-2
芝生が息も絶えだえ…僕たちも息も絶え絶え。

グランドは小さな川が出現、水たまりも生まれています。
芝生よ!芽を出せ、緑の草原になれ!と願いつつ次へ山へ行きます。
グランド3-8-1
ぶつぶつ独り言(仲間が多すぎます)ぶつぶつ・・・押し競まんじゅうする?

グランド3-8-2
Ⅿ-しっかり食べてくれよ~
鹿ーしっかり置いてゆけよ~
カラスー早く消えろ~

山中ではいつものところでひょいひょいと顔を出し、決して近寄らず
併し大胆に家族紹介、その頭数でご飯の量が違うと察しています。
山中3-8-1
北風が吹くと、服が寒いです。

山中3-8-2
餌の川…いつでも流れててほしい・・・。

入浜まで4グループ、入浜は7頭、大目に隠しおやつもしてまいりました。
多くの支援者様のおかげで何処にも何とか鹿さんが1息できる量の
食事を届けていると自負しています。ありがたいことです。鹿たちも
同じく「ありがとあります」もぐもぐと言っているでしょう。明日も晴れ
ますように、島を後にしました。
入浜3-8
痩せトリオ・・・ごめんね、人間の罪なのに・・・ごめんね。

コロナがこれ以上広がらず、島の空き地に草が芝が生えることを
記念します。



+
宮島へ上陸すると、どなたもマスク着用。
色も形もいろいろあるのだと感心しました。
支援者様の手作り鹿柄マスクが、お気に入りです。

長浜がなぜか12頭?なのに小鹿は1頭?
長浜3-1-2
雌1「ちょっと~Hがいなくなっちゃった~」雌2「女の園から消えたのよ」
雌1「あんたが追い出したの?雌2「そんなあほな、今はたべまひょ」

ぐるりと回って福祉センター下広場、牡鹿と小鹿が5頭づつ
ママが残り6頭、1頭の女子が独身なんだと納得。
福祉センター3-1
Ⅿさん「1・2・3・4・今日は少ないな~」「ここがだめなら次があるさ~」

杉野浦神社神社、牡鹿が8頭、小鹿7頭、未婚の女子がわらわら~
多いい?宮島でワンオペで生きるのは大変だから、その選択在りかな?
杉之浦3-1
・・・・いうことなし!

波止場釣りの方がのんびり、最高の釣り日和,釣果を祈ります。
波止場3-1
糠もオカラもチャンプルにするとおいしいね!

波止場3-1-2
カラスがよこせと待ってます。

管理事務所周りが0でした。嫌がらせを察知してのことかな?

グランド、キャンプ場、ワイのワイの~1週間に1度、当然です
傷病個体、異常な痩せ鹿、どの子も栄養状態がよくありません
先週より少ないのが気がかり、山中に行く季節でもないのです。
グランド3-1
さ・む・い・よ~・・・

山中いつもの顔がひょこひょこ現れ「待ってました!」安堵です。
入浜10頭、相変わらず人見知り,歓迎してくれているのは所作
で分かります。それでいいのです、人間は怖いものです。
山中3-1
山の中はもっと食べ物がなくて困っています、トホホ「シカは野生だから山に
でも食べるものがないんだよ!抗議したいね!

入浜3-1
1週間に10日来い!っていい歌だね、ほんとにほんと。


入浜3-1-2
入浜の秋児トリオ、大きく成ってくれてありがとう!

消火栓、三差路21頭、谷原公園(やつがはらこうえん)鹿への返還は
まだ先のようです。


紅葉谷公園20頭、上から今か今かと首を長くして待っています。
鹿さんは曜日、時間、コースもばっちり把握しているのです、遅れたら
足踏みされます。(励ましてくれているのかも…!婆ちゃん頑張れ!)と。
もみじ谷3-1
観光客様に藤間記されて照れちゃう・・・

大聖院下トイレは少し場所をずらしています。3回で覚えました。
大元公園では掃除がしやすいように右側を開けてくれます、カラスがカぁ~
宮島ではカラスも神様、おすそ分けも致し方ないのかな?の境地です。
大元公園3-1
多すぎじゃない?それだけ僕たち給餌難民なのさ!

筋かい橋3-1
上にも下にも飢えた子供たちが・・・さみしいね、心が痛いよ~

網之浦思いもよらぬ12頭、秋生まれの小鹿も順調に育っています。
救いです。

桟橋周辺では忌避効果満点なのか名物の鹿のおもてなしが0でした。
昔は桟橋前広場にいて当りまえ、今どうしてこんなに嫌われているの?

鹿の糞は、臭いもなくコロコロ,蠅も来ないし、野鳥の好物の甲虫を
増やしてくれ、掃除も苦でなく,奈良では寛大に受け入れているのに
「寛容の精神」に欠けているのでは?鳥居の修復もまだまだかかり、
鹿が観光大、使宮島の顔、「宝」と気づいていただきたいものです。

鹿柄の財布と、置物と、ハンカチを購入してご満悦、もう1度言います。
「鹿は宮島の宝でーす」御名御璽。

鹿は6000年前からの先住者、戦後絶えそうになり、奈良から寄贈いただき
大願寺横で当時の町職員に大事に育てられ増やされ「観光の目玉」として
活躍したのです、絵葉書に、木工細工に,素朴な粘土ひねり細工に、ここ数年
観光客が増えて「鹿不要論」をのたまう観光業者、罰が当たりますよ・・・

餌をあげても、あげる人を見ても「あげちゃ~いけんのよ!」などそれこそ
「無用論」
「御用学者」の5~600頭生息説も現認しているのは高々150頭です。
毎年11月23日に頭数調査とやらをして、「ゆえに5~600頭」予算の
無駄遣い、何やら癒着を感じます。

「鹿対策協議会」に、恣意的な「茶番劇」を感じるのはに、1部だけ?
どのような対策をしようとしているのですか?「対策」という言葉に
欺瞞を覚えます。観光利用をしている限り「鹿の愛護」にシフトを!
!と叫びたい,!鹿に成り代わり叫びたいです。

島を後にしながら胸が痛くなります。いつか嶋中芝地となり、人と鹿が穏やかに
暮らせす楽園となることを祈りました。

追伸

大阪から娘が新しいパソコンを持参、へっぽ脳みそで
頑張って「宮島鹿通信」を書かせていただきます。
ご支援、拡散、ぽちっとをよろしくお願いします。米田拝。