FC2ブログ
しゃれた衣服も着物もなく、「広島詩人会議」のメンバーと
岡山詩人会議定例会に飛び入り参加、「詩人」というより
「変人」、「変人」の自覚もない二十歳、の成人でした。

原爆スラム(無番地)で子供から大人までを相手の識字活動。
トン汁、カレー、ぜんざいと味は薄いが,おかわり自由の子供会。
プロの邪魔になつたと思う廃品回収でキャンプにも出かけました。

和気あいあい、北も南もなく、朝鮮民謡や踊りを教えてもらい、
スポーツ選手、芸能人をあれは「北だ!南だ!」と教えられ
驚いたあの頃、長い髪を風になびかせ「少年団のお姉さん」
を謳歌していました。

あれから50年を過ぎたけれど、まだ大人になれません。
やつがはら1-13
「ごはんだよ~ごはんだよ~ごはんだ、ごはんだよ~」
お行儀好く行進中。

もみじ谷1-13
食べることは幸せ
この島では生きること。

大元公園1-13
ココは神聖な空間、いつも感謝して掃除をさせて頂いています。

「鹿のお婆さん」は、ギブスの腕で鹿と戯れ、頭数を数え
一喜一憂、観光客様から「怪我をしています、助けてやって」
筋交い橋のたもと、心細そうな目で見つめる鹿よ、入浜の
(傷病個体保護施設)は~絶望的姥捨て山にほかなく、見捨てる
と同義語、大目に餌をあげることしかできないことを許してください
非情な大人が大人なのか、帰宅しても胸が痛み答えがありません。
筋交い橋1-13
1日も早く治りますように。


グランド1-13-2
ひろい芝生一面施肥してほしいね。


「寒い」と家猫の安眠妨害、布団の占拠に「ホットカーペットへどうぞ」
と言いつつ、幸せとすり替え、今夜も鹿の頭数に思案投げ首です。
福祉センター下1-13
美味しいね、嬉しいね、毎日食べれたらいいね。

平成最後の成人式、18歳の成人式が空恐ろしい布石に思えます
スポンサーサイト