FC2ブログ
紅い大鳥居も社殿も薄化粧、素敵な宮島、雪よ解けるな
鹿の体温を奪わないで…小鹿を泣かせないでください。
雪景色1-27
宮島から望む廿日市市街地。

島に渡ると長浜は親子3頭のみ、次を期待しましょう!
福祉センター下、やってる来ました29頭、小鹿が愛らしいです。
皆に見てほしい、触れ合ってほしい、存在を認めてほしいです。
長浜1-27
食事中なの、何か御用?

福祉センター下、1-27-1
美味しいよ、食べる?

杉之浦神社で31頭、「しっかり食べえよ」奥へ奥へ野菜を草を配ります。
波止場への道々三々五々何かを求めて歩く鹿にも・・・・
「波止場に行こう!」と声を掛け合うように鹿が追いかけてきます。
杉之浦神社1-27
春よ早く来てください。

波止場1-27-4
食べる時が幸せ。

海岸沿い、ぽつぽつ歩いていたグループもグランドに急ぎます。賢い!
グランドではあの猛々しい雄鹿が見当たりません、反省してくれたのかな?
グランド1-27-3
芝生も今は冬眠中。


目付きの鋭いあの牡鹿がいました、でもすっかり大人しくなっています。
完全に発情期終了となったのでしょう、背中や腰に注意を払う必要が
なくなり身軽です。93頭を確認、次は山に入ります。


山中では「待って居ました!」とばかり「ここへご飯を置いて行って!」ハイハイ,はい。
山中には先の戦跡が残っています、ボランティアのⅯさんは聞いてびっくり!
島と本土の間の海峡に潜水艦が侵入するのを監視していた断崖が残ります
山中1-27
山中ファミリーです。

入浜に行くとそこに10頭、雑木林の中にも人慣れしていない鹿が見え隠れ。
どの子もガリガリ、Ⅿさんが「ガりがーり君」と呼び、ありったけの大サービス!
入浜1-27
山ごもり中。.修行中とも言います。

消火栓三叉路少し寂しい7頭、谷原公園(やつがはら)17頭、すごーい!
筋交い橋下6頭、もみじ谷6頭、トイレに大入り満場11頭、小鹿も3頭。
三叉路1-27-1
新鮮野菜をいつもありがとう!


やつがはら1-27
喜ぶしっぽが並びます。

トイレ1-27
あら~ごはんを頭から浴びちゃった。

大元公園少し不満の13頭、お掃除、お掃除、お掃除済んだら食事会。
大元公園1-27
待ってました~

網之浦で待って居ました4頭、置き餌をして帰ります。
空には温かい日差しが出てきました、できることなら島全体が温かくなりますように。


スポンサーサイト
昨夜半から久しぶりの雨です、活動日が雨だと
完全防備、化粧が解けて、中からくたびれた顔が
現れるから要注意。

2号線はマラソンの中継、全国からの応援にこたえる
沿線に、会場警備のボランティア関係者が配置されています。
選手の皆さん!がんばって下さい!
やつがはら1-20
僕たちも命のマラソン中。

もみじ谷公園1-20
牡鹿が、まんぷくになったら僕も1歩前へ。

谷原(やつがはら)ウフフの13頭、もみじ谷公園11頭。
トイレ笑いが止まらない17頭、ここで観光客様から鹿
せんべいがないのね?いろいろ事情がありまして・・・・
大元公園では神事が行われていたので後回しにさせて頂きました。
網之浦たったの2頭、筋交い橋では傷病小鹿を探しましたが姿が
見えません。戻ってきたら同じように「少なくなったね・・・」
トイレ1-20
僕の毛皮冬毛になりました、温かいよ。

大元公園1-20
神事があるので海辺のテラスでお食事会。

傷病個体の小鹿ちゃん元気にしていますか?生き抜いて下さい
後で入浜の「傷病個体保護施設」を見に行きましょう「最後に愛は
勝!」の言葉を信じます。
長浜女子1-20
鹿婆ちゃん僕大きくなったでしょ、いい子でしょ。

長浜は、ママ鹿と小鹿が各々2頭の計4頭、ここは女子と小鹿の住処。
福祉センター下少ない12頭、杉之浦神社に望みをかけました。
嬉しい24頭、よっしゃこの勢いで波止場に急ぎます。
波止場で待って居るのは鹿だけではありませんは、鹿の毛抜き。
「やめて~やめてー!」と逃げ回るのに・・・生存競争の厳しさです。
杉之浦神社1-20
厳かに静粛にお食事会。

波止場1-20-1
明日がある、明日がある、明日がある~さ!

波止場1-20-2
婆ちゃん、明日もきてね、えっ、そ、それは、ごめんね・・・。

カラスのママには7つの子が生まれるのでしょう・・・素敵なフカフカ
ベッドを作りたいの?カラスの羽根ではだめですか?

山中に入ります、入浜の「傷病個体保護施設」、先日(保護)されて
いた2頭は約束どうり解放されていました、ありがとうございます。
保護施設には草もドングリも見当たりません。
遠い支援様が何人も入浜を視察して暗澹たる思いをしています。
「保護施設?嘘、餓死させるところ」と、誤解だと何度も言っています。
然し鹿の頭蓋骨のツイッターがあるそうです。給餌しないから誤解
が生まれるのです。(ホロコーストという方もいます)
山中1-20
わ~食べ物が出てきた!マジシャンですか?いただきまーす!

米田も支援者もあそこをきれいに整備して本物の保護施設にする
お手伝いができいます。あのままではだれからも(ゴミ捨て場)と
誤解されます、どうぞ御一考下さい、因みに道路は綺麗に入り
易くしておきました、(宮島農林水産課様へ)
山中1-20-2
信ずるものは救われる、ずっと待ってました、ありがとう!

管理事務所1-20
気を付けて帰ってください。

その後山中、管理事務所前、合わせて10頭で会えた子供達たのため
車の中をひっくり返してご飯探し、やった!やった!ティモー、おから、糠
が出て来てお財布が見つかった気分、神様有難うございます。
あの匿名の方から頂いたご飯かな?すべて感謝します。今日は夫の誕生日
…又1つおじいさんになりました(笑)
13日(日)に出会った傷病小鹿が脳裏から離れません。
6日(日)の傷病小鹿も気になり農林水産課に電話を・・・
そこでS様から米田のケガにつながった子供会活動が
「町内会活動」と教えられました、子供会活動なら自己責任。
そこで廿日市共働推進課に電話、通院回数4回以上で適用
ボランティア保険の対象、1日2000かける5回、フェリー代の
半分返還、嬉しいです!給餌を頑張るぞー!

宮島の鹿さんは実に頭が良くて定例の日曜日はほぼ自主参加
しかし今日は水曜日,どこも閉店ガラガラ~、肝心の傷病個体が見つかりません。
厳島神社、水族館裏まで行きましたが会えませんでした。

入浜の「傷病個体保護施設」に、いないかと行きました。
そこには雌雄の鹿が入所中、大喜びして飛んで来ました。
宮島の農林水産課は「草もドングリもあるので給餌はしていない」
と言いましたが、この季節にドングリがあるはずもなく、まして草はすべて
枯れすすき、硬くて食べられません。案の定でした。。「奥の方にはある」
三差路入り口1-16-2
お母さん一杯食べたら僕にオッパイ頂戴ね!

入浜海岸1-16
入浜雄集団でーす!「給餌禁止」この島の奥まで、無粋で非情な看板…

入浜保護施設」1-16
127ad.jpg" alt="グランド、入口1-16" border="0" width="450" height="337" />
今日来てくれたの?ラッキー!

グランド、入口1-16-3
ホントラッキー!
グランド、入口1-16

2019年、皆様のご健勝とご多幸を感謝を込めて祈らせてください。
!今年もよろしくお願いします。鹿一同,
しゃれた衣服も着物もなく、「広島詩人会議」のメンバーと
岡山詩人会議定例会に飛び入り参加、「詩人」というより
「変人」、「変人」の自覚もない二十歳、の成人でした。

原爆スラム(無番地)で子供から大人までを相手の識字活動。
トン汁、カレー、ぜんざいと味は薄いが,おかわり自由の子供会。
プロの邪魔になつたと思う廃品回収でキャンプにも出かけました。

和気あいあい、北も南もなく、朝鮮民謡や踊りを教えてもらい、
スポーツ選手、芸能人をあれは「北だ!南だ!」と教えられ
驚いたあの頃、長い髪を風になびかせ「少年団のお姉さん」
を謳歌していました。

あれから50年を過ぎたけれど、まだ大人になれません。
やつがはら1-13
「ごはんだよ~ごはんだよ~ごはんだ、ごはんだよ~」
お行儀好く行進中。

もみじ谷1-13
食べることは幸せ
この島では生きること。

大元公園1-13
ココは神聖な空間、いつも感謝して掃除をさせて頂いています。

「鹿のお婆さん」は、ギブスの腕で鹿と戯れ、頭数を数え
一喜一憂、観光客様から「怪我をしています、助けてやって」
筋交い橋のたもと、心細そうな目で見つめる鹿よ、入浜の
(傷病個体保護施設)は~絶望的姥捨て山にほかなく、見捨てる
と同義語、大目に餌をあげることしかできないことを許してください
非情な大人が大人なのか、帰宅しても胸が痛み答えがありません。
筋交い橋1-13
1日も早く治りますように。


グランド1-13-2
ひろい芝生一面施肥してほしいね。


「寒い」と家猫の安眠妨害、布団の占拠に「ホットカーペットへどうぞ」
と言いつつ、幸せとすり替え、今夜も鹿の頭数に思案投げ首です。
福祉センター下1-13
美味しいね、嬉しいね、毎日食べれたらいいね。

平成最後の成人式、18歳の成人式が空恐ろしい布石に思えます
少し肌寒い2019年、初給餌、8日ぶり、ごめんなさい。

支援者様にも年賀状を欠礼してすいません。
骨折が治るまで先生は50日とのご宣託でとした、が
肋骨のひびのほうが思うより快調、もしかすると早く
治るのでは?と期待しています。
右利きなのに、左に頼っているのでハチャメチャです。

家猫は迫力がないと知ってか、情緒不安定なのか
わがまま放題、呼んでも来ない、呼ばないのに布団を
占領、小さくなって寝ています。

今日は右回りです、いつものように順番で廻るのですが
幾分お冠り、そして幾分頭数が多いいので殺気立っています。
やつがはら12-06
あっせ、あっせ、はよ食べよ!

もみじ谷12-06
強者どもの夢の後,空蝉のような哀愁の牡鹿。

谷原(やつがはら)16頭、もみじ谷11頭、トイレがなんと16頭
観光客様に取り囲まれ揉みくちゃ「かわいい」の嵐でした。
小鹿が3頭いるのですが、1頭が夏毛のままの花模様、子供達
のみならず大人達からもアイドル並みの歓声「USAアメリカン」
仔鹿が子供たちの手からモグモグ食べたので、大喜び・・・
トイレ12-06-2
「ふれあい鹿牧場」お腹いっぱい、余裕の中でこそ触れ合える。

トイレ12-06-1
Ⅿさんからも温かい「いい子いい子」をしてもらいました。

想像してみてください、宮鹿は役者です。さすが宮島の看板です。

大元公園奥に急ぎました、34頭、今か今か・・・です。
ココでお荷物の米田も、お掃除お掃除、気持ちよく食べてもらいます。
大元公園12-06
1週間のお待たせ、ごめんなさい。おせちで太った顔で言っちゃダメ?

次の網之浦では夫がお掃除を買って出てくれました、7頭です。
網之浦12-06
でもたくさん持ってきてくれたから許してあげる。

筋交い橋下10頭
帰宅した後電話が入り、この近くで、左前足があらぬ方向に、折れ
溝の中にうずくまった小鹿がいたとか…(飛んでゆきたい・・・)切ない
保護施設の「保護」の中身がずさんなので「保護」を躊躇します、が
大事な観光資源の観光大使、配慮を乞い求めます。
筋交い橋下12-06
形だけ作られた「傷病個体保護施設」
山中に置き去りするだけの「保護」施設
今年こそ改善してください!鹿より。

三差路も給餌を待つ26頭で嬉しい悲鳴、てんやわんや大騒動でした。
三差路12-06
ア~空腹で倒れそう…8日もご飯無しなんて…(三差路労働鹿)
いつも桟橋前で愛想を振りまく仕事をしています。

長浜3頭、福祉センター下21頭、杉之浦神社26頭、ここで心ないゴミの山
鹿が食べたら大変、うんちにならずお腹の中にたまるのです。
長浜12-06
雌鹿3頭「今年はいい年でありますように」値上げのラッシュ
ゴミ袋代、水道代が上がるんですって・・・

福祉センター下12-06-1
ア~やっと来たか。

杉之浦神社12-06-1
ココは神聖な鹿の食堂、ごみを捨てないでくださる~あほちゃうか!

波止場で驚異の46頭、カラスもびっくりでしょう。ここでも右手が活躍!
左手をサポートしてお掃除です、明日腫れてもそれはそれ。
波止場12-6
「おめでとうございます!本年もよろしく」
「怪我、病気、事故に気を付けてください。

グランドに行く道筋群れに入れない個体がちらほら~給餌しながら
グランドに行けば92頭が待って居ました、Ⅿさんは今日も一発腰を
やられました「さっさとしなかったから・・・」とご自分を責めておられました。
グランド12-06
恐るべし群集心理。

グランド12-06-2
迫力ありすぎ、怖くて近寄れません。

支援者の温かい気持ちを勇気に代えて、今年もスタート!今年こそ!
今年こそ!
感謝して頑張ります。