暑中お見舞い申し上げます。

水曜日午睡から目覚めると、ぽとぽと音がするほど
汗が流れ拭いても拭いてもびっしょり、気分が悪く
熱中症?保水液を飲み、お風呂にざぶん・・・
(支援者様も、鹿さんも熱中症に気を付けてください)
DSCN3088 編集済み


長浜が、雄鹿2頭、小鹿3頭、雌鹿9頭の大家族に変身。
ここはアマゾネス状態だったのに、やっと男女雇用均等?
雄鹿さん、荒ぶる雌鹿さんに「寛容」で当たってください
「このはげ~!」と言われてもどこ吹く風で行きましょう。
波止場DSCN3071

福祉センター下16頭、雄同士が立ち上がってファイティング
ボランティアのⅯさんが「悲しい・・・」と猫の喧嘩も悲しいと
米田はそんな感傷をすり減らしてました、それが悲しいです。
杉の浦神社31頭、山の中からも襲来?「ごはーん!」
熱い波止場で22頭、バンビもすっかり大人です。

包みが浦海水浴場からキャンプ場、大勢の人でにぎわっています。
73頭、を横目で見ながら水に浸かった昔が懐かしいです。

三叉路では早くから待ってます、谷原公園9頭、もみじ谷公園
11頭、トイレ2頭、大元公園14頭、ここは涼しいのに少ないです
少ないといえば御陵橋の下も減るばかり、網之浦と同じ3頭。
桟橋前広場1頭・・・総数205頭でした。ちょっぴり不思議な心境。

多くの善意に支えられています、小松市、市川市、東京、千葉市、
の皆様からのご奉仕に助けられています、ありがとうございます。
おかげで餌に関しては出費0に近いです。ただ先日夫婦で、同じ日、
同じ物を同じ量、購入したのにはびっくりしました。農協もびっくりぽん

サル芝居小屋も、猫カフェも、フクロウカフェも時代が求めるなら
致し方ないこと、しかし古いものの文にもつづられている鹿、
宮島は奈良と並ぶ「鹿のいます古の島」、生きとし生ける命を
「いつくしむ島」、観光パンフレットにもあふれる鹿の姿、歴史的
にも尊ばれてきた鹿、どうぞなかったことにしないでください。

満たされた体を、日陰でのんびり過ごす鹿は、今日特に多い外国の
観光客様の驚きだと思います。「グレイト!」の意味は知らないけれど
一応に穏やかな鹿に驚いておられるのかな?身近に触れ合いに来る
鹿に感動を覚えておられるのかな?。暑い中、来島いただく皆様は
島で9年を過ぎる間、給仕禁止をしているなど夢にも思われないでしょう。
悲しすぎます。世界遺産が泣きます。改善を祈ります!








スポンサーサイト