兵庫県西宮からはるばる2度めの給餌に駆けつけてくださったN様。
5月の五月晴れみたいな爽やかな女性です、ありがとうございます。

西宮北口は幼い日を過ごしたからなじみの地、現在のお住まいは
大きくなるまで過ごした兵庫県の隣町、ご縁を感じます。

長浜では8頭の長浜女子が、今か今かと待っていました。
福祉センター下も20頭、(小鹿5頭)「かわいい!」を連発、うれしい!
DSCN2735.jpg
庭の菜の花を持参しました、新しい命を食べてください。

杉の浦神社10頭、ぐるっと波止場に急ぎます。
DSCN2742.jpg
ココはバーゲン会場さながら、42頭、プラスピンはねカラス。

グランドの芝生に、施肥と整備をして頂きたのです。
N様は若い鹿のように大喜びで給餌をして下さいました
(こども)たちも大満足98頭、山中は「お茶をひいている」
のでグランドに出勤しているのでしょう・・・
DSCN2744.jpg
うふふと笑いが出ます。

消火栓三叉路10頭、谷原(やつがはら)公園大量の22頭
DSCN2733.jpg
谷原公園には長く砂の山が築かれています、どうしたのかな?

御陵橋、筋交い橋下たったの4頭、モミジ谷公園11頭、
トイレ次々現れて計5頭、ラッキーな子たちです。
静寂な空気の大元公園21頭、鹿が緑の中で絵のようです。
DSCN2729.jpg
N様も絵のようです。

網の浦6頭ココで残った餌は、大見切り、残りは桟橋へ・・・
桟橋前には1頭もいませんでしたが、ラッキーな子がお召し上がりください。

散りゆく桜の花びらを鹿は1枚1枚舐めるように、いとしむように
食べます、夫は昔、そのけなげな姿に涙しました。
米田の頭の中は(胃袋はピンクかな?)だったのに・・・

もう思うように行かない体に歯がみしながらきたくしました。
N様は悪戯猫のジジに傷つけられても遊んでくださいました。
この子はひらった時から米田に力がなく抱かれず育った子、
本当はうれしくて堪らなかったはず、N様本当に5月の風の
ような方でした、ありがとうございました、かなうなら又会えますように。


スポンサーサイト