府中町からはるばるK氏は「廿日市シカ対策協議会」を傍聴してみたいと
お越しくださいました。この席では傍聴人は1言も発言できません。
心労だけが残るのではないでしょうか?毎年悔しさが残る作業です。

竹中様には「興生病院」病院以来初めてお会いしました、お元気そうで
なによりです。

物言えぬ鹿の代わりに虐待の事実の写真をパネルにして持参しました。

会議の内容はI氏、F氏、H氏、似たり寄ったり、目くらまし、
「シカは観光にある程度必要…」「個体の状態が小さく痩せている」
「山に返したい、が山に餌はない!芝も足りない」給餌によって鹿が
プラスティック等誤食する・・・(飢えて変なもの食べるのでは?)
資料1,2,3、は読めば読むほど矛盾を露呈してゆきます。
頭の中で回答はできているのでは有りませんか?「給餌のおかげで
鹿が穏やかできれいになった、がもう100頭減らせたらうれしい!」

「1年間給餌を止めてほしい」に本音が隠されています。またもとの
強暴の、無気力の、がりがりの、河原でその死体をさらすのでしょう
もう2度とあの日々に戻すのは御免こうむります。肝に銘じて!


スポンサーサイト
本日は雨も上がり「カラリ!」の反対、蒸し暑く
動くと息が切れそうです。熊谷市を訪問した時
40度「意外と熱くなーい!」暑さ大歓迎人
ですが、高温多湿は何故か苦手です。

餌の野菜が冷蔵庫で腐りました。糠の集まりも
最悪です。ラビットフードも少なく肝心の麦が
半分、あ~呪われてるんだ!

鹿に合わせる顔がありません、ごめんなさい。
其れでも鹿たちは仲良くパクパクむしゃむしゃ
桟橋前では観光客がアイスクリーム,かき氷を
串刺上げ天を、藤棚の下で優雅に食べてます。

可愛いお兄ちゃんから「餌をやるのが仕事?」
と聞かれ餌やりのプロに見えたかな?
ゴミ集めもしながら「それいらんかったらおば
ちゃんにちょうだい!」バックの口をあ~ん
ありがとうございまーす.


今日は鹿をいじめている子供に声をかけました。
あすはОさんがいっぱい餌を持って来てくれます
明日はいい日でありますように祈ります。
雄成獣41頭、メス成獣119頭、小鹿32頭
総数192頭、激減?天中殺かいな?
高速道路週末無料化、1000円通行が終わるためか
宮島口駐車場は県外ナンバーがズラーリ,島内に入る
と雨の中、車、車、車、キャンプ場も人、人、人です。

次に来る時は計画給餌され、避妊、去勢された穏やかな
鹿達が緑の芝生でお出迎え、いいですねー
観光客の皆様には感謝してもしすぎることはありません

国は難題山積、景気悪化の懸念、原発の長引く収束、
年金の減額、アメリカにはそれでも「思いやり」を
示すのでしょう?

「アリラン」の歌の歌詞に「夜の空に星は多く、人の命
に、とが多し」とありますが、今日ほほを一直線に切ら
れ血を流しているメス鹿がいました。写真を撮りました
がうまく取れていませんでした。
どうして?と観光客のご婦人が口々に「ごめんね」と
誤ってくださる方もいらっしゃいました。
罪=とが、人間の罪のあがない主の流された血にも似た
ほほの流れる血に人間であることの罪を感じました。



雄鹿46頭、メス157頭、小鹿31頭総数234頭
雨で少なかったのか?気になります。また来ます。
5月末からつずいた鹿への虐待に胸を痛めています。

そんな6月12日日曜日の朝、会友N氏からの電話
「5月14日に00で鹿に給餌をされましたか?」
もちろん給餌をしたところなので肯定しました。

糠と麦とキャベツその上に空豆を5本の写真と私の
写真とともにごみの不法投棄で訴えられ廿日市署が
受理をし、次回給餌したら逮捕すると宮島交番の職員
から聞いたとのことです。
(給餌を止めろという強迫?いやがらせ?)「結構!
広く世間にこの問題を認識していただきたい!」と
考えました。
080jpg

tanosiine



同時に公務員には秘守義務が科せられるはず個人情報
プライバシーです。知人に話すことは許るされません

法務局、県警、廿日市署に抗議しました。夕方廿日市署
から「始めから今回のことは何もなかった」と伝言があり
一件落着。うやむや解決。うまいこと丸められたと同時に
釈然としないものが心に残りました。背中に穴を開けられた
母鹿、腹を切られた母鹿、角を曲げられ傷つけられた雄鹿
の痛みを知るように神様が与えてくださった試練ですか?

声なき鹿の代弁を果たす為・・・
梅雨の間の晴天に感謝します。今日が雨なら
府中町のKさん、Sさんは不参加の予定だっ
たとか?kさんいわく「ハレルヤ」です。
全くそのとうりです。ハレルヤ!

軽トラックには青りんごと山もりの野菜
鹿の大好きなニンジンとキャベツです。
へたりこんで横になったまま食べる子、足に
白いテープ?輪っか?ひょんな歩き方です。

数に大きな増減はないようです、若干少ない?
不安を抱いて例の御陵橋に行きました。4頭
なのでよーく観察、異状なし!

080jpg

清盛神社前は牡鹿が多いいところ其処でびっくり
柔らかい角が傷つけられ血が滲み、曲げられています。
「宮島の鹿をいつくしむ会」では給餌をためらってい
ます。「シカがこれ以上増えたら殺処分する」の脅し
をかけてきたのです。貧しい心根、残酷と悲情さは
エスカレートしています。給餌をやめるなら目が行き
届きにくくなります。島に渡るだけでもかまいません。
これ以上の虐待を防ぐ方策を1つでも2つでも実行
してやりましょう。
観光に今やなくてはならないAKB48 にも負けない
アイドルなのです。「よろしく」アイコンタクトです。



小鹿の出産ラッシュを案じて今日は
廿日市まで野菜の大盛りを府中から
届けてくださったK様に感謝感激!

風を切って大サービス「みんな元気
に大きくなって,しっかりたべて」
包が浦グランドは記録を取り出して
最高の64頭でした。
然し大元公園をはじめ表海岸、参道
桟橋前、清盛神社、山辺の道等が減
っています。

kizu2


傷を負わされた鹿を度々確認する
御陵橋、観光客も多いこの橋下で
1番大きな傷を受けた個体を目撃
良人とk様も唖然「どうしてこんな
酷いことができるのか?」ビデオ
と写真に収めました.
有るもみじ饅頭屋さんが「シカがす
るのよ!」とおっしゃいましたが、
この季節、角は丸くやわらかく刃物
で切られたようなこの傷、宮島交番
にも訴えましたが・・・よーく推移
を見て行きましょう。声なき声と叫
び消えた命の報いは、いつか神様が
求められるでしょう。
5月29日日曜日三原から給餌のために来て下さった
肩が「御陵橋の下にお腹を切られた個体がいる」と
宮島観光管理課に保護を求められましたが休日の為
(奈良は24時間対応)「翌月曜に保護する」の回答
然し見つからなかったそうです。
米田もその日から毎日小鹿連れの腹部を切られた個体
探しに島に通っています。

その間管理課のKY氏と実に低次元のやり取りに翻弄
されました。(後日書かせていただきたいです)

そして御陵橋に行きました。
以前から1度乗りたかった人力車に乗りました。風を切り
足も痛まず最高!連日の出動にくたびれた体にご褒美。

mama1


jinnrikisya.jpg


河原には16頭いました。お母さんにくっついている鹿?
うん?母親の首の後ろに穴があいています。
今の季節、雄は生え換わった柔らかい角、あの傷は人間
の仕業としか考えられません。

管理課に報告をしましたが「どうにもできん」の返事。
断腸の思いで帰宅しました。「許さへんぞ!」・・・