fc2ブログ
黒い雲が空一面、海の色まで鉛色。

そんなの関係な-い!そんなの関係な-い!
古いギャグに鼓舞されて、いざ行かん!

水曜日に会えなかった3本脚の牡鹿さんの安否を
確かめるのが、いの1番!元気ですか~
三差路で会えました、全て杞憂でした、元気でした!
消えた脚は生えてこないけれど「元気があれば何で
もできる!」と豪語していた元プロレスラーさん元気ですか!
今はベッドの上から元気を皆様に送ってください。
三差路10-17
脚が痛々しいです。いつも君の無事を祈っています。

谷原(やつがはら)6頭、直違橋下6頭、観光客様が
鈴なりで橋の下の鹿さんを写真に収めておいででした。
やつがはら10-17
見物人の多さに頬染めて・・・。(鹿)

直違橋下10-17
君たちは人気者!胸を張って顔を上げて生きてください。

紅葉谷公園7頭、大聖院下の草地21頭、小鹿が愛らしいです。
紅葉谷公園10-17
宮島のもう一つの顔、宮鹿でーす!餌を14年もらっていない
人気者!です・・・

トイレ横10-17
サイン!それはちょっと厳しいな~また今度!
それより餌をください!

観光客様が確実に戻られつつあります、「うれしい!」と
鹿も申しております。「もっと来て!」とも申しております。

大元公園、30頭のお出まし、オールキャストかな?
大元公園10-17
うっ!うれちぃ!おいちぃ!

網之浦も9頭、楠の大木が目を細めて「糞」のおねだりを
しています。貴重な植物の栄養素を「糞」はすべてを含有。
網之浦10-17
窒素、リン酸、カリ、のバランス最適な「糞」をよろしく!

鹿も島の大切な構成員の一つ、無駄な命などないのです。
牡蠣の生育にも豊潤な海の水と浄化の山水があってこそ
宮島の鹿の写真と共に、売れますぜ!

関西では「宮島牡蠣」とブランド名が付くと高価です。
贈り物にすると喜ばれます。「Ⅿ水産」がおいしいですよ!
ゆうパックで0k、カタログに載ってま~す。
長浜10-17
僕たちも、お役に立ちたいのです,肖像権0kです。

福祉センター下10-17
長老もお出まし。素晴らしい!

杉之浦神社10-17
ワイのワイのワイ・・・。腹減った!

波止場10-17
少なくてすいません、また来てね。

今日のグランドは人間のフリスピー大会開催中でした。
山中に急げば「早く早く」と新しい基地で67頭が待っていました。
グランド10-17-1
山の中に追いやられて、食べ物が無くて困っていました・・・。

グランド10-17-2
人も動物も食べてこそ!うれしいね~し・あ・わ・せ・うふふ・・・。

グランドを追い出され山中に幾つかグループができています。
肝心の食べ物が山中にはありません、強い塩分濃度で草の生
ない地、分かっている人も知らんぷり、「食は命」なのにです。
山中19-17
仲良し夫婦・私たちみたい・・・うっ、うふふ・・・ほんまかいな?

入浜10-17
「生きてていいの?」君たちは隠された世界遺産さ!

自殺する人が増えています、先の見えない闇のような日々、
自暴自棄にならないで、打つ手は、実はあるのです!

300人以上のホームレスさんの自立のお手伝いの中で見つ
けたのです、警察、法務局、厚生労働省からも、褒めていただき
「厚生労働大臣賞」「小さな親切運動」賞を頂き山梨の別邸で
会食にお招きいただきました。(あれ以来袖を闘していないドレス
もう一度呼んで下さーい、宮様~!

今、鹿の「自立運動」の道は遠く、悲しいかな芽も出ていません。
宮島は、「鹿」が与えられている恩恵に目覚め、自立を言うなら
植物を植え、以前の様に残菜を与え、芝地を増やすならば、

コロナが収まり世界中が動きはじめ「動物に優しい島」と噂が立てば
大勢のお客様を呼べます‼鳥居の修復など先の先、この際今ある
資源、資源とは「鹿」です。宮島の鹿ほど大人しく人慣れした鹿はいません、
これこそ「世界遺産級」会いに来てやってください。
福祉センター下帰り道10-17
外国の方を久しぶりに見ました!もっと来て大人しい鹿を堪能下さい。

鹿は宮島の「宝」です。排除は止めて保護にシフトを切る事こそ
お勧めします。御名御璽。




スポンサーサイト



支援物資が洋間に倉庫にたまったので「よーし!」
宮島に渡りました。今日はチモシー中心です。

明後日から「G0・T0トラベル」優待制度が開始
お安く宿泊・宮島を堪能できます、是非ご来島を
鹿にも会いに来てやってください。

長浜3頭、少ないのは当たり前、水曜日は不定期日
仕方ありません。

谷原(やつがはら)3頭、少ないけれどご愛嬌!
やつがはら10-13

紅葉谷8頭、観光客様は閑古鳥、好きなお店も閉店
筋交い橋下0頭、トイレ横草地4頭、大元神社は4頭。
網之浦6頭、三差路3本脚の牡鹿さんを笛で呼んでも
現れません。

次回こそ!次回こそ!待っていてください!
波止場10-13


島は紅葉し始めています「秋」到来、お子様連れの皆様
水族館も覗いてみて下さいね、海獣も励まされ喜び一層
芸に磨きがかかることでしょう。

大元公園で4頭は寂しい限り、網之浦6頭か・・・枯葉カラカラ~

毎日でも行きたい三差路、3本脚の牡鹿さんには会えずじまい
何処でどうしているの?島に忘れ物をしたように虚しい・・・
「元気でいてね!」を心で繰り返します。次回は会えますように。
山中10-13

入浜10-13

すれ違った車の中からそっと首(こうべ)を垂れて下さった優しい
瞳の人よ、貴方に、命の与え主から特別の祝福を頂けますように。


長浜3頭、福祉センター下4頭、杉之浦神社3頭、致し方ありません
今日は水曜日、給餌日ではないので鹿はいません、島の裏まで。
福祉センター下10-13

水曜日は休業の職域の多い宮島では鹿嫌いな方との接触注意。

宮島=鹿
奈良=鹿
鹿島神宮=鹿

神様の贈り物、その命大切にして下さい。
雨よりいいかと飛び出したけど、よすぎる晴天
の霹靂、待つ鹿がいなければ躊躇しそうです。

長浜は今では牡鹿も仲間!1家団らん12頭。
長浜10-10
うまいでがんす!

福祉センターに「お待たせ~」御機嫌伺20頭。
福祉センター10-10
Ⅿさん!葛が上手い!ありがとあります!

杉之浦神社、不思議と今年は蜂がいません、文句?ありません!
福祉センターと同じく20頭。
杉之浦神社10-10
1週間に1度・・・ぶつぶつぶつ・・・

波止場は引っ越ししても20頭、いい塩梅です。
波止場10-10
ハフ・ハフ・ハフ・もっと食べたいな~

グランドではフェスティバル開催中、飛び入り
しようかな?「こりゃまた失礼!」と・・・摘まみだされるのが落ち
グランドフェスティバル10-10
鹿はしょんぼリ、大音量・・・。

グランドから追い出された鹿さんが山中で散見
グランドから山中10-10
「給餌禁止」のビラが増えて…肩身が狭いです
僕たち生きてちゃいけないのかな?

山中10-10
禅問答「生きるとは?」人間だけ生きてもいいの?

入浜では相変わらず人慣れしないグループ、
ここで脚先のない小鹿を見ました、もしかすると
三差路から連れてこられたの?生きていたの!
必死にここにたどり着いたの?とにかくうれしい事です。

入浜10-10
再会を全身で表現する小鹿。

右前脚破損の小鹿10-10
「生きて!」罪の棘が痛いです、ごめんね!ごめんね!

今日は野鳥が頭上を飛来してゆく回数も数も多く
話が通じればいいのに、と思うことしきりです。

谷原(やつが原)鹿の間ではお食事ポイントとして
周知されているのか17頭でした。「鹿食堂開店中」
やつがはら10-10
いらっしゃい!いらっしゃい!

筋交い橋下たった3頭、写真撮影会のモデルに
行ったの?3頭のみ
直違橋10-10
「1日千秋」ってこの事だよね・・・

トイレ横16頭、「婆ちゃんは嬉しいよ!」生きてくれて
嬉しい!・・・」

紅葉谷10-10
1粒残さず頂きまーす!

トイレ横10-10
新鮮キャベツ、生き返ります、えっ生きちゃまずい・・
未だ鹿はおったんかいの~ぐらいでええ…」それは
人間の言動じゃないよ・・・。

大元公園21頭、みんな違ってみんないい!ときたもんだ
大元公園10-10
Ⅿさん歩けないほどの歓迎ぶり、Ⅿさんの葛は人気!

網之浦7頭、ここで大盤振る舞い。
網之浦10-10
アリガトアリマス!もっと来てつかーさい。

椿の花が誘うように咲いてます、鹿にはあだ花。
自然を味わう人には「情緒」島のアクセント。

鹿の菜食に向いた植物を植えてください!
約束を反故にしないで‼設置するといった
「鹿飛び出し注意」の看板もお願いします。

三差路、足を痛めた牡鹿さん、弱ってきました。
頭数が増えても、が心が晴れません。
三差路10-10
けがをした鹿に治療を‼保護施設を与えてください!
保護施設は治療も給餌もありません、あれじゃ~
強制収容所並み、保護してくださいと言えません。
観光客には「けがをした個体を見たら1報を!」削減?

引きずるように心を残して帰宅しました。宮島の闇です。

宮島のシンボル朱の大鳥居も修復を待たれます。
今こそ大人しい「宮島の鹿」に行政の手と島民の
ⅮNAに刻まれた鹿への愛を示してください、鹿は
受ける権利を十分に持っています。

「与えなさい、そうすれば、与えられるであろう」と言います。




緊急事態宣言が終わるのを待っていた人々が
「宮島」桟橋に続々集結、桟橋前エット(広島弁で沢山の意)
久しぶりのマルシエが開催されていました。
お弁当、お酢、出汁の素、それゆけあんパンも。

鹿にたくさん会えますように!願いも込めて沢山購入。

長浜13頭、福祉センター下18頭、杉之浦神社30頭どこも
カラスがついてきます、この島では「御カラス様」偉いのです。
が鹿のご飯のお相伴をするのは困りもの(笑)
カラスにとっても1週間ぶりのごちそう?
鹿は飛べません、カラスさんはどこへも
自由、鹿のご飯を横取りしないでください。

長浜10-3
福祉センター下、鹿の福祉もよろしくお願いします。

福祉センター下10-3
へ―青森からの贈り物だって!一味違う葛の味。


杉之浦神社10-3
御腹に染みます、ウマいでがんす!

波止場では奥の奥、包みが浦管理事務所の管轄を離れた
ところで給餌、勝手に引っ越してごめんね、見つけてくれて
ありがとう、それにしても西日が厳しいです。視界不良・・・
波止場10-3
ここは釣りの名所、でも緑を育ててください。

包みが浦グランドも入場不可でお引越し、ごめんね!
分散して4か所で給餌、ニオイに敏感な鹿さんが駆けつけ
「モ~お、おなかペコペコで待ってたんよ!」とお叱りを受け
イライラさせるのは禁物なので、さっさと鹿食堂開店~
グランド山中では10-3
僕たち私たちを排除じゃなく、宮島の共同盛り上げ役の活用を!

山中に入るとグランドからあぶれたと思しきグループが
あっちこちで待っていました「土下座しなくちゃね~」とⅯさん
山中10-3
「婚活中?」「とんでもない!婚活から逃亡中です」
アル,アル、宮島の雌鹿は甘くないのよ~!

島の裏ではBBQのいい匂い、然し6頭とはこれいかに。
生きていてくれてありがとう!それで充分としましょう!

山中では小さな滝がすべて消えていました。
旧陸軍施設が山中では残っています「遺跡」です。
瀬戸内海は鉄壁と思える布陣を組んでいたのですね
空からB29で原爆を落とされ、焼け野原に以上に焼き
尽くされ、影まで焼かれた命もありました。
(今、廿日市美術館で四国五郎の絵画展開催中!)

「平和あっての鹿の命」戦後残っていた鹿は数頭・・・。
大願寺横で動物園宜しく増やした、と述懐されていた
N氏!感謝します。戦後の観光の一翼を担っていた
だいた功績は大です。

こうして今、200頭前後、季節的変動を繰り返しながらも
命は繋がれています。鹿は宮島にとって「宝」感謝です。
(14年前のN氏の声に励まされています)

カサカサとなる落ち葉を踏みしめて真夏のような秋、
帰宅すると、次回も頑張れと餌が届けられていました。
「がんばり」ます!」
やつがはら10-3
衣替えを前にしてしっかり食べてください。公には5~600頭生息とか
ありえない頭数、見たこともありません、心綺楼では?

紅葉谷10-3
紅葉に染められる紅葉谷、紅葉谷のアイドル鹿でーす!ディアーです!

トイレ横10-3
葛じゃ~と大騒ぎ、葛じゃ祭りです。

大元公園10-3
ココ大元公園、中心部から離れていますが、水族館もあります
足を延ばしてきてください、国民宿舎「杜の宿」もあるけえね!
安いよ、お出迎えの車も出すよ!きてつかあさい!

網之浦10-3
枯葉を分けて、秋の音に浸るなら網之浦、情緒あふれる所です。

直違橋下10-3
鈴なりになって、観光客様が「宮島」発見と大喜びのポイント

三差路10-3
失った脚に「ごめんね」としか言えません。
小鹿の命の分まで生きてください、「ごめんね」
優しい瞳の牡鹿さん。
同じ場所、同じとき、牡鹿と小鹿の足が見事に
関節から下が切り落とされました、小鹿も消えました。

頑張る牡鹿も毛並みが悪くなり、あばら骨が浮いてきて
足元がおぼつかなく、今日は元気もありません。
「希望」と名ずけ、脚が不自由でも伴侶に恵まれます
ように厳島姫にお願いしました。
三差路9-26-1
足が痛そう・・・そろそろ毛並みに斑点が出るから「花鹿」
体調が悪いのか1頭だけ残念な結果、頑張って!

「厳島姫は独身でカップルで来ると別れさせられる」
の伝承を若さと引き換えに忘れていました。
嫉妬深い女神です、彼と来るときはご注意を!。

三差路のグループ7頭、傷病個体の牡鹿「希望」君元気が
なく、毛がぼさぼさ、儚くなる前に貴方の遺伝子を残して下さい。
角が傷つけられ、脚を1本失う前の君は天下一品の牡鹿だった。
優しい女鹿、悲しい秋の恋うる声に答えてやってください。
三差路9-26-3
1週間ぶりのごっつおうじゃ!(ごちそうじゃ)

長浜14頭、福祉センター下15頭、杉の浦神社12頭
(この奥の土地を進められましたが、多難。)
長浜9-26
うまーいでがんす!

福祉センター下9-26
待ちくたびれてへなへな~

杉之浦神社9-26
今日はお巡りさん来ないよね~

波止場13頭、プラスカラス付き。
波止場9-26
海の見える食事会。

グランドで近く大きなイベントが予定される様子
整然と椅子が並べられています、鹿も招待してね!

山中6か所で鹿が待っていました(今までで最高!)
山中9-26
婆ちゃんを困らせる人、今に「痛い痛い」になるよ!

入浜9頭、相変わらず警戒が解かれません、それでいいの!
入浜9-26
島の裏にも来る口福!な~んちゃって!

谷原(やつがはら)7頭、紅葉谷8頭、直違橋6頭、トイレ横18頭
大元神社が19頭、かろうじて勝ち抜けた大元神社(笑)
やつがはら9-26
Ⅿおじちゃんいつもありがとう!

紅葉谷9-26
ここの紅葉は島一番だよ!エッヘン!

直違橋9-26
沢山の葛の葉ご苦労様でした、ありがとう!

トイレ横9-26
秋が来たら観光大使を務めますのでしっかり食べさせて・・・

大元公園9-26
僕たちの存在をなかったことにしないでください。

網之浦たった3頭、何処も少ないです。
網之浦9-26
気を付けて帰ってね・・・

足踏みして待つ鹿よ、聞いてほしい愚痴があります。
胸の中には不安が一杯!と…

倒れ込むようにして食べる鹿達へ「行政さん!なんとかして!」
8年まえ、芝地の拡大と芝地への施肥を約束したのに「増える」
と取りやめました。頭数は増えていませんよ~よろしく!

14年前と比べ半分になった今、約束を履行してください!
何も知らない観光客様に僕たちが泣きつく前に・・・
いつも平和で日本一の優しい鹿でいたいのです…。