fc2ブログ
2024.04.14

6年4月10日どんぐりいただいたごかぞく
6年4月10日沢山のドングリいただいたご家族

6年4月14日やつが原
やつが原

6年4月14日大聖院入り口トイレ横
大聖院入り口トイレ横

6年4月14日大元公園
大元公園1

6年4月14日網之浦
網之浦

6年4月14日直違橋
直違橋

6年4月14日三叉路
三叉路、

6年4月14日福祉センター下
福祉センター下、

6年4月14日杉野浦2
杉の浦、

6年4月14日波止場
波止場、

6年4月14日グランド横1
グランド横1、

6年4月14日グランド横2
グランド横2、

6年4月14日入浜
入浜、



スポンサーサイト



隅から隅まで春爛漫、曇天結構、猫毛だらけ…

猫3匹きを置いてけぼりにし、宮島に行きます。

サプリ好きの米田は、医薬品にも依存症ぎみ。
たまたま紅麹は摂取していませんでした。

鹿への給餌は体力勝負,78歳と76歳、71歳
平均年齢を一気に下げて下さった0様に感謝!
鹿さんも安堵しているでしょう・・・。

今日は2回目の参加の親娘様のお手伝いを受け
長浜は11頭、、相変わらず1頭の牡鹿が居候中。
6年4月7日長浜
長浜、
ホッと一息モグモグタイム。

福祉センター下28頭、「しっかり食べてね」と掃除
6年4月7日福祉センター下1
福祉センター下1、
小さな鹿ママさんです、ありがとう!

6年4月7日福祉センター下2
福祉センター下2、
桜と鹿と「愛」に見守られ一服の絵画のようです。

杉の浦神社な、なんと42頭‼力が指の先まで流れ
掃除もルンルン、幸先がいいです。
6年4月7日杉の浦
杉の浦、
鹿の安堵の吐息が聞こえそうです

波止場手前と波止場で38頭、カラスも?羽。これには
勝てません。
6年4月7日トンネル手前
トンネル手前、
うまーい!

6年4月7日波止場1
波止場、
生きてていいんだよね!

グランド横広場、グランドに富裕層のためのホテルと
関連施設を誘致する試案に、宮島島民の1部が反対
の動きが出てきたと聞き共働したいくらいです。

山中に入ると3か所で待っていました、愛しいです。
入浜では18頭前後がかくれんぼ。ここのグループ
はシャイなのです。それがベスト賢い術です。
6年4月7日入浜
入浜、
樹木の下の憩いの場所(ひみつ)

戻って谷原(やつがはら)18頭。小鹿もいます。
紅葉谷の観光客様、琴線に触れたらぜひ鹿に
「おやつ」をやってつかーさい、紅葉谷は特に
今は鹿の食菜に向いた植物がありません。
6年4月7日やつが原1
やつが原1、
超うまいでガンス!

6年4月7日やつが原2
やつが原2、
空腹は最高の調味料「それは嘘じゃ!」

6年4月7日紅葉谷
紅葉谷、
閑散とした紅葉谷?ここはいい所です、ぜひ登ってきて
会いに来て(おやつを隠してね)

大聖院入り口トイレ横広場、外国のお客様が
とても喜ばれ「鹿の撮影会」となりました。
6年4月7日大聖院入り口トイレ横
大聖院入り口トイレ横、
鹿ふれあい広場、絶賛開催中!

大元神社奥少し少ない28頭、待ち人現れず・・・。
6年4月7日大元公園
大元公園、
外国の方にも物おじしません
僕たち観光大使だもん!

網の浦15頭、枯葉に埋もれた鹿の悲しみを箒で
見つけるのです。

6年4月7日直違橋
直違橋、
もっとご飯を落として!1週間ぶりなんだぞ!
そこんとこご理解を是非廿日市市も考えて
やってください。

最後の三叉路21頭、来てうれし、帰ると胸が痛み
すぐ飛んできたくなるのです。
6年4月7日三叉路
三叉路、
道路にはみ出したら交通事故にあうよ、
此処は保護施設は凍結中、要注意です。


塩分濃度が高く草の生えない、畑もないこの島、今週は
桜の花びらを1枚1枚食べ、ピンクに染まった「糞」をして
ください。チャンちゃん。


今日は雨でも矢でも鉄砲でも持つっ来い!

と勇んで出発!桟橋前で広島市東区と廿日市市
の女性が参加くださいました。有難うございます。
近頃日曜の疲れを水曜日あたりまで引きずり歳
をひしひし感じ、夫の衰弱が見ていられません。

とはいっても鹿の厳しい日々を思うと倉庫と相談
鹿の笑顔が目の前にチラホラ~
桜はまだかな~食べれもしない馬酔木(の花は満開
「どうしてあの可愛い花や,ふんだんにある松が食べ
られたら空腹から解放されるのに・・・」しかしそれは
生きることを放棄、死を選ぶこと。

「宮島から鹿が消えたら、鹿の糞が消える」と
喜ぶ人を想像するだけでも怒りがふつふつ湧きます。

鹿の糞には蠅も来ません,においもありません!

「昔桟橋前には鹿がいっぱいいましたね」と・・・

今は桟橋周辺は電気を流し鹿が近寄れないことを
ご存じなかったようです。

鹿の存在否定、ふれあいも記念写真も遠い昔話。

それでも日本中から頂いた潤沢な野菜、米ぬか
牧草、コーン、大麦、ラビットフード、500キロを
2台の車で鹿のもとへ届けます。
7キロの袋45を用意、残りがティモシーは1塊が
20キロ。このくらいなら鹿婆さんはえんやころさ!
どっこいしょ!見かねて若い0様がえんやこらさ!

長浜12頭、福祉センター下36頭、うれしすぎた
鹿さんがぬかるみで脚を絡ませていました。
6年3月31日ながはま
長浜、
「いただきまーす!」

6年3月31日福祉センター下2
福祉センター下、
モグ、モグ、モグ・・・うまいでガンス

杉の浦神社41頭、波止場手前と波止場で36頭
6年3月31日波止場1
波止場、
波止場の食事会「鹿食堂の始まりー」

グランド鹿の行列を待って給餌します、92頭でした。
6年3月31日グランド横1
グランド横1、
此処にホテルが建設?聞いてないよ~、約百頭が路頭に迷います。

6年3月31日グランド横2
グランド横2、
Ⅿさんから特別待遇を受ける常連の鹿、かわいい!

そこから山の中へ、今日は「宮島マラソン」警備の方
から丁寧に注意事項を説明。

(鹿は毎日に命のリレーをしています)
流石に山の中の個体は消え入浜にわずかに13頭
6年3月31日入浜
入浜、
此処は何もない特別過酷な入浜、自分から来たのではなく
遺棄されたのです。

谷原(やつがはら)に戻ると13頭が待っていました。
1週間分のおねだり、許します、つらかったろ・・・

紅葉谷には19頭、トイレ横16頭。大元神社28頭、
鹿は辛酸をなめています「顔で笑って腹で泣く」と・・・

此処で待ち人に会え安堵、再会を喜びました。

6年3月31日やつが原
谷原(やつがはら)、
怒りに満ちた視線(この子たちは宮島の観光大使ですよ)

6年3月31日もみじだに6年3月31日大聖院下トイレ横
大聖院入り口トイレ横、
「婆ちゃん!もっと来て!」のまなざしに迎えられ…辛い

6年3月31日大元公園
大元公園1、
1服の幸せタイム。

6年3月31日福祉センター下3
大元公園2、
待ち人としばしの再会「鹿談義」

網の浦12頭、掃除の遣り甲斐満載、しかし
此処で箒が1本お釈迦になりました。(力の入れすぎ?)

6年3月31日網の浦2
網之浦、
桜と鹿、絵のような贅沢な光景、ずっと見ていたい。

三叉路少ない15頭、どこかへバイトですか?
樹上ではカラスが虎視眈々・・・そうはさせ時と
ねばる意地悪鹿婆さん、鹿が笑ってるかな?

10数年前お手伝い頂いた愛さん曰く
「みんな体格がよくなって、あの頃は骨と皮
だった・・・」Tさんいつか見に来てやってください
鹿も喜びます、きっと!きっと・・・待つています。

今日1番のうれしいお言葉に感動!

帰宅すると野菜が倉庫の前にたんまり
パパにゴマをすって「あの~水曜日あたり・・・」

瘦せてゆく夫の横顔につばをのんで我慢、
倉庫の冷蔵庫に上から下まで詰め放題。

鹿がお口を開けて待ってますよ~
チャンちゃん。

このところ地震、雷,火事が相次いでいます。
どれも努力だけでは避けきれません。

今日も朝から雨、雨、雨の下で待つ鹿さん
辛かろう、まして秋生まれの小鹿には・・・

桟橋手前でいつも優しいN様、そしてなんと
千葉県から車でT様3人がボランティアに馳せ
参じて下さいました。心強いです、感謝です。

なぜか長浜0頭、福祉センター下も少ない22頭
傘がないから出席が悪いのかな?
6年3月24日福祉センター下
福祉センター下、


杉の浦神社37頭のまずまず0K、花丸をを調査票
に書きましょう。
6年3月24日杉の浦
杉の浦、


波止場手前と波止場で42頭、カラスも負けない数です.
6年3月24日波止場
波止場、


グランド(ここは富裕層の高級ホテルと関連施設に
なるとか?
100頭近い鹿はどこで何を食べて暮らすの?準備
と許可を先に鹿に提示してください。
6年3月24日グランド横1
グランド横1、


彼らは専有の長い権利鹿のはずです。
春日山から突然鹿に「出て行け!」に等しい行為です。
6年3月24日グランド横2
グランド横2、


山中には4頭、入浜で12頭置き配のご飯ゆっくり召し
上がれ。
6年3月24日入浜
入浜、


谷原(やつがはら)13頭どこも栄養が悪く恥ずかしい姿、
6年3月24日やつが原
やつが原、


紅葉谷24頭{いい子だね~」観光客様はこの雨にも負け
づ、なかなかの人出「ありがたや、ありがたや・・・」です。
6年3月24日紅葉谷
紅葉谷、


トイレ横広場18頭、ここも鹿の稼ぎ場、彼らは曜日も
時間もコースも把握しています。賢く健気です。

大元公園に急ぐと31頭、雨の中待っていました。
毛皮を春を前に奇麗に新調してあげたいぐらいボロボロ。
6年3月24日大元公園
大元公園、


網の浦12頭、雨は一向に上がりません、意地悪です。
6年3月24日網之浦2
網之浦、


三叉路16頭、今日も300頭近く…、しかし16年前より
減っております。
6年3月24日三叉路
三叉路、


このまま近親交配を繰り返すといずれどうなるのでしょう?

5月になったら新し命との出会いがあることでしょう。しかし
牝鹿の産児制限は偶然?必然?体がどんどん小さくなって
いるような?錯覚ですか?

杞憂に終わります様に「そんなときもあったよね」と笑い話
なることを祈ります。
祈ることの多い2024年の春です





グランド手前、ここは富裕層の豪華ホテルの建設予定地
唯一無二の芝地、ここがキーポイント、その後鹿はどこで
生きろというのでしょう。ここは鹿の占有地のはずです。

山中に入るとどこも少なく今日は大目に(ごはん)を持参
山中2頭のみ、入浜に12頭,置き餌をしてきました。



「明日天気にな~れ!」
鹿のネックレスを付け、1番に行ったのは谷原(やつがはら)
「早く早く」と9頭の鹿に促され、キャベツ、コーン、大麦、古米
ラビットフード、野草を次々給餌、みんなお腹ペコペコなのです。
6年3月17日やつが原
やつが原、

次は紅葉谷の凸凹坂を上がると鹿も負けじと並走、早いもの
勝ちと言わぬばかりの25頭です。
6年3月17日紅葉谷
紅葉谷、

次はおなじみ大聖院入り口トイレ横、待っていました18頭。
むろん鳩もカラスもご相伴にあずかろうと鵜の目鷹の目です
6年3月17日大聖院下トイレよこ
大聖院入り口トイレ横、

同時にパンを2つたたんで持ち去るつわ者のカラスもいます。
米田のぼろカメラでは、あれよあれよ~フライデーできません

支援者もびっくりの裏技に感心、負けずに給餌に専念します。

大元神社手前に「みやじま水族館」があります、調教師の声
が漏れ聞こえ、このプールの水はちょっぴり塩味が効いているの
では、愛情も濃い味かな?などと推論するのです。

大元公園奥は少しひんやり、薄いジャンパーピッタリの場所です
然し少し少ない29頭、残った餌もありません。
6年3月17日大元公園
大元公園、

網の浦ではなんと恋にあぶれた牡鹿が8頭中5頭、闘争もなく
仲良く食事会、これはこれでいい事です。足に障害が残った
鹿さんも元気で食欲大勢、生き抜いてください。
6年3月17日網の浦
網之浦、

直違橋では観光客様が「よかったね」「餌やりさんありがとう!」
間違いをただすときも惜しくザザザーっと給餌、これでいいのダ

三叉路に急ぐと狭い敷地に右往左往、秋生まれの小鹿も順調
いとしい命です。
6年3月17日三叉路
三叉路、

長浜に赴くと「順j版が違うでしょ!」足先を踏まれました、狭い
所偶然さ!鹿もそういっています…。

福祉センタ下下芝地、芝は手入れも施肥もないのではげちょろ
鹿の糞で復活します様に。
6年3月17日福祉センター下
福祉センター下、

6年3月17日杉の浦
杉の浦神社

波止場手前と波止場で44頭、ここもカラス食堂と化しています。
牡蠣の貝柱を食べている烏と思えぬ強欲さです、負けづに
私たちの車も動かず沈黙の圧力をかけます、がエンジンをかけ
ると一斉に飛来して横取り作戦、敵もさるもの賢いです。
6年3月17日トンネル手前
トンネル手前、

6年3月17日波止場
波止場、

グランドに急ぐと亡骸は消えいつものグランド、ワイのワイの
食事会の始まりです。ここで車は1台に収縮し山に入ります。
6年3月17日グランド横
グランド横、

鳥の姿と声にスイスイ誘われ途中経過をどこかで見ている
隠れ鹿、帰路出てくるのです。
入浜ではなんと18頭‼帰り道のため、餌を取り置き元来た道を
今日は狭い道でバックオーライすることも多々、こちらは年寄り
お手柔らかに・・・
6年3月17日入浜
入浜、

こうして3月17日も役目を終えましたが疑問がふつふつと湧き
「行政のずさんな尻ふき」の片棒を担いではいないか?の疑念

16年前の様に2000万円の予算を組み、入島税4億円の1部を
鹿の保護に使うという発想に至らないのか?廿日市市議会に
モノ申したい今日この頃です。